愛おしくってごめんね/恋泥棒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
愛おしくってごめんね/恋泥棒
カントリー・ガールズシングル
初出アルバム『Seasons[1]
プッチベスト16[2]
A面 愛おしくってごめんね
恋泥棒
リリース
規格 マキシシングルCD
ダウンロードシングルAAC
ジャンル J-POP
レーベル zetima/UP-FRONT WORKS
作詞・作曲 児玉雨子(全作詞)
加藤裕介(#1作曲)
村カワ基成(#2作曲)
チャート最高順位
カントリー・ガールズ シングル 年表
-愛おしくってごめんね/
恋泥棒

(2015年)
わかっているのにごめんね/
ためらいサマータイム

(2015年)
テンプレートを表示

愛おしくってごめんね/恋泥棒」(いとおしくってごめんね/こいどろぼう)は、2015年3月25日アップフロントワークス(zetimaレーベル)から発売されたカントリー・ガールズの1stフィジカル・シングル[4][5][6][7][8]

背景[編集]

当初このシングルは、Berryz工房で活動中だった嗣永桃子以外のメンバーによる5人体制で、2015年1月末にインディーズとして発売される予定であった。そのためライブパフォーマンスも5人で行っていたが、メンバーの小関舞がハロー!プロジェクトコンサート東京公演で病欠した際、代理として嗣永が出演し、その後名古屋公演で嗣永を含めた6人でのパフォーマンスとなった経緯により、6人体制のメジャーシングルとして同年3月25日に発売されることが決定した[9]。なお、児玉雨子は、『愛おしくってごめんね』と『恋泥棒』をほぼ1日2日で作詞したかもしれない、と述べている[10]

リリース[編集]

当シングルは初回生産限定盤A・同B・通常盤A・同Bの4タイプが発売されており、全ての初回生産限定盤にはDVDが付属している。また、全ての初回生産限定盤にはイベント抽選シリアルナンバーカードが封入されており、スペシャルイベントへの応募が可能である。全ての通常盤には、トレカサイズ生写真(通常盤A:「愛おしくってごめんね」衣裳のソロ6種+集合1種よりランダムにて1枚、通常盤B:「恋泥棒」衣裳のソロ6種+集合1種よりランダムにて1枚)が封入されている。

ミュージックビデオ[編集]

収録曲[編集]

初回生産限定盤A、通常盤A[編集]

CD
全作詞: 児玉雨子
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「愛おしくってごめんね」児玉雨子加藤裕介加藤裕介、A-bee
2.「恋泥棒」児玉雨子村カワ基成高橋諭一
3.「愛おしくってごめんね」(Instrumental)児玉雨子  
4.「恋泥棒」(Instrumental)児玉雨子  

初回生産限定盤B、通常盤B[編集]

CD
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「恋泥棒」  
2.「愛おしくってごめんね」  
3.「恋泥棒」(Instrumental)  
4.「愛おしくってごめんね」(Instrumental)  

リリース日一覧[編集]

地域 リリース日 レーベル 規格 カタログ番号
日本 2015年3月25日 zetima/UP-FRONT WORKS マキシシングル+DVD EPCE-7109/10(初回生産限定盤A)
EPCE-7111/12(初回生産限定盤B)
マキシシングル EPCE-7113(通常盤A)
EPCE-7114(通常盤B)
ダウンロードシングル EPCE-7113

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Seasonsは「愛おしくってごめんね」のみ収録。
  2. ^ プッチベスト16は「恋泥棒」のみ収録。
  3. ^ オリコンデイリー CDシングルランキング 2015年03月26日付”. ORICON STYLE (2015年3月25日). 2015年3月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年3月27日閲覧。
  4. ^ “カントリー・ガールズ、ももち含む6人でメジャーへ”. ナタリー. (2015年1月25日). http://natalie.mu/music/news/136963 2015年3月26日閲覧。 
  5. ^ “「カントリー・ガールズ」ももちを悩ます里田まいとのタイムラグ”. 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社. (2015年1月28日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/360582/ 2015年3月26日閲覧。 
  6. ^ “ももち率いるカンガル、YouTubeチャンネルにデビュー曲PV”. ナタリー. (2015年3月9日). http://natalie.mu/music/news/140441 2015年3月26日閲覧。 
  7. ^ “(ツギクル☆アイドル)カントリー・ガールズ”. 朝日新聞デジタル. (2015年3月19日). http://www.asahi.com/articles/ASH3K5V38H3KUCLV00Q.html 2015年3月26日閲覧。 
  8. ^ “ハロプロ楽曲シーンに新たな局面か? 新参加コンポーザーたちを概観する”. Real Sound(リアルサウンド). (2015年3月22日). http://realsound.jp/2015/03/post-2799.html 2015年3月26日閲覧。 
  9. ^ カントリー・ガールズ、カントリー娘。が生まれた北海道でメジャーデビューを発表”. BARKS (2015年1月24日). 2015年3月26日閲覧。
  10. ^ What Lies Beneath The Passion Vol.1 : Ameko Kodama (Lyricist)
  11. ^ “ハロ!ステ #107(6分56秒 - 9分48秒)”. ハロ!ステ. (2015年3月4日). https://www.youtube.com/watch?v=iPjtRI2hKC8 2015年4月5日閲覧。 
  12. ^ “ハロ!ステ #107(11分56秒 - 17分00秒)”. ハロ!ステ. (2015年3月4日). https://www.youtube.com/watch?v=iPjtRI2hKC8 2015年4月7日閲覧。 
  13. ^ “EXCLUSIVE INTERVIEW WITH COUNTRY GIRLS;"!I'M SORRY FOR BEING SO ADORABLE!"”. (2015年4月1日). http://tokyogirlsupdate.com/featured/country-girls-interview.html/2 2015年4月7日閲覧。