恒川邦夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

恒川 邦夫(つねかわ くにお、1943年 - )は、フランス文学者、一橋大学名誉教授。専攻はポール・ヴァレリーと、黒人アフリカ文学、カリブ地域を軸としたクレオール文学。

東京生まれ。東京大学博士課程中退、パリ第三大学文学博士。1976年一橋大学社会学部教授、1996年一橋大学大学院言語社会研究科教授、2006年3月定年退任。退職後は中国・武漢にある華中師範大学仏文科教授を務めた。

『科学者たちのポール・ヴァレリー』で、1996年度の第32回日本翻訳出版文化賞を共同受賞。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『全方位50のヴェルシオン』朝日出版社、中上級者向けの仏語教科書
  • フランケチエンヌ クレオールの挑戦』現代企画室 1999
  • 『《クレオール》な詩人たち I』思潮社 2012

翻訳[編集]

  • 『ヴァレリー全集 カイエ篇5 夢・意識』 筑摩書房 1980(共訳)
  • ヴァレリー『純粋および応用アナーキー原理』筑摩書房:筑摩叢書 1986
  • 『ポール・ヴァレリー 「アガート」 訳・注解・論考』 筑摩書房 1994
  • ヴァレリー『精神の危機 他十五篇』 岩波文庫、2010
  • 『ヴァレリー集成』 (全6巻:塚本昌則・松田浩則・中村俊直らと共訳、筑摩書房)、2011-2012
  • 『レオナルド・ダ・ヴィンチ論 全三篇』(今井勉共訳、平凡社)、2013
  • ロビンソン=ヴァレリー編 『科学者たちのポール・ヴァレリー』菅野昭正・松田浩則・塚本昌則共訳 紀伊国屋書店 1996
  • ジャン・ベルナベ、パトリック・シャモワゾー、ラファエル・コンフィアン 『クレオール礼賛』 平凡社 1997
  • ラファエル・コンフィアン『朝まだきの谷間』長島正治共訳 紀伊國屋書店 1997
  • シャモワゾー『幼い頃のむかし』紀伊國屋書店 1998
  • エドゥアール・グリッサン 『全-世界論』みすず書房 2000
  • グリッサン『レザルド川』現代企画室 2003

共編[編集]

  • 『新初等フランス語文法』鈴木道彦 朝日出版社 1982
  • 『コレクション・フランス語 5 読む』 田島宏 白水社 1992、改訂版2002
  • 『プチ・ロワイヤル和仏辞典』吉田城牛場暁夫 旺文社 1993、新版2003、2010
  • 『文化アイデンティティの行方 一橋大学言語社会研究科国際シンポジウムの記録』 古沢ゆう子・坂井洋史・鵜飼哲・三浦玲一 彩流社 2004