恒松安夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

恒松 安夫(つねまつ やすお、1899年明治32年)3月18日[1] - 1963年昭和38年)5月20日[1])は、日本の政治家・歴史学者。島根県知事(2期)、大田市名誉市民[2]。政治家・恒松隆慶の孫。

経歴[編集]

島根県安濃郡長久村(現大田市長久町)で、恒松嘉吉・ケン夫妻の二男として生まれる[1][2]。杵築中学校(現島根県立大社高等学校)在学中は剣道に励んだ[2]。1922年、慶應義塾大学文学部史学科を卒業[1][2]。1923年、慶應義塾大学普通部講師に就任[2]。欧米に遊学後、1932年、慶應義塾大学教授に就任[1][2]。1933年、慶應義塾大学野球部長・東京六大学野球連盟理事長となる[1][2]。1944年、慶應義塾大学を退職して帰郷し、文化活動を行う[1][2]

1947年4月、戦後初の島根県議会議員選挙に立候補して当選し、島根県議会議長に就任(1951年まで)[1][2]。1951年 島根県知事に当選し2期在任した(1959年まで)[1][2]。知事退任後に体調を崩して政界を引退した[1]

栄典[編集]

著作[編集]

著書
  • 『近代西洋史』三笠書房、1941年。
  • 『アメリカ史総説』三笠書房、1941年。
翻訳
  • 『米国近世政治経済史』シー・エー・ビャード著、磯部甲陽堂、1925年。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 『島根県大百科事典』下巻、126頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 『島根県歴史人物事典』375-376頁。

参考文献[編集]

  • 山陰新報社編『島根縣人名鑑』1953年、180頁。
  • 伊藤菊之輔『島根県人名事典』1970年、40頁。
  • 山陰中央新報社・島根県歴史人物事典刊行委員会編『島根県歴史人物事典』1997年、375~376頁(中村和平)。
  • 『島根県大百科事典』下巻、山陰中央新報社、1982年。