恢余子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

恢 余子(ひろし よし、1930年 - )は、日本の小説家画家

福岡県生まれ。本名・吉田道宏。16年間、二科展絵画彫刻を出展。1966年渡米、70年よりニューヨークに拠点を定めコンセプチュアル・アートを発表。余志宏の名で1976年「蒔く如く獲りとらん」で第22回江戸川乱歩賞佳作。1978年煕於志の名で「妻二人」で第53回オール読物新人賞受賞、84年「手」で第10回中央公論新人賞受賞。なお中央公論新人賞受賞時に「ひろこよし」と発表されたが、これは間違いである。[1]

著書[編集]

  • 『蒔く如く穫りとらん』余志宏 講談社 1977
  • 『ショーボートに手を振れ』余志宏 講談社ノベルス 1983
  • 『ヨブの肖像』余志宏 講談社 1985
  • 『手』中央公論社 1986
  • 『ハロンの瞳』中央公論社 1996

[編集]

  1. ^ 『ショーボートに手を振れ』著者紹介、『中央公論』1984年11月号の受賞者紹介