恵公 (陳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

恵公(けいこう)は、春秋時代の君主。姓は媯、名は呉。陳の公子偃師の子として生まれた。哀公の孫にあたる。哀公35年(紀元前534年)11月、陳がに滅ぼされると、に亡命した。楚の霊王12年(紀元前529年)、楚の平王が立つと、諸侯と講和するため、公孫呉(恵公)を陳侯の位につけた。追って紀元前533年を恵公元年とした。恵公15年(紀元前519年)、呉王僚と鶏父で会戦し、敗戦した。28年(紀元前506年)2月、死去した。

参考文献[編集]

  • 史記』陳杞世家第六