恵川康太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
恵川 康太郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県三原市
生年月日 1936年4月22日(80歳)
身長
体重
170 cm
65 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1955年
初出場 1955年
最終出場 1958年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

恵川 康太郎(えがわ やすたろう、1936年4月22日 - )は、広島県三原市[1]出身の元プロ野球選手

経歴[編集]

三原高校ではエースで四番打者、1954年夏の甲子園へ出場[1]。準々決勝まで勝ち進むが、この大会で優勝した中京商中山俊丈に抑えられ大敗[2]

1955年に地元の広島カープへ入団[1]1956年に一軍に定着、主として遊撃手として起用され、米山光男の控えではあるが30試合に先発出場。翌1957年三塁手に回り、原田信吉とレギュラーを争う。しかし1958年には小坂佳隆古葉竹識が入団して内野の再編成が進み、出場機会が減少。同年限りで現役引退し、地元三原市へ帰郷した[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1955 広島 13 13 10 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 4 0 .000 .231 .000 .231
1956 57 119 105 7 20 4 1 0 26 6 0 2 3 0 10 0 1 13 5 .190 .267 .248 .515
1957 79 226 213 12 49 4 2 0 57 6 3 1 8 0 5 0 0 34 5 .230 .248 .268 .515
1958 34 54 53 1 11 1 0 0 12 6 0 0 0 0 1 0 0 12 1 .208 .222 .226 .449
通算:4年 183 412 381 20 80 9 3 0 95 18 3 3 11 0 19 0 1 63 11 .210 .249 .249 .499

背番号[編集]

  • 46 (1955年 - 1958年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、87ページ
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]