惠若キ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「惠若琪」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
惠若琪
Hui Ruoqi
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 中華人民共和国の旗 中国
生年月日 (1991-03-04) 1991年3月4日(27歳)
出身地 遼寧省大連市
ラテン文字 Hui Ruoqi
身長 190cm
体重 70kg
選手情報
所属 江蘇女子排球
ポジション WS
スパイク 315cm
ブロック 305cm
 
獲得メダル
Flag of the People's Republic of China.svg 中国
オリンピック
2016 リオデジャネイロ
世界選手権
2014 イタリア
ワールドカップ
2011 東京
ワールドグランプリ
2013 札幌
テンプレートを表示

惠 若琪(けい じゃくき、1991年3月4日 - )は、中国の元バレーボール選手(女性)。ポジションはウィングスパイカー中国女子代表

来歴[編集]

1999年、8歳の時に遼寧から南京に引っ越す[1]。2006年に16歳で代表候補に初選出された。

北京五輪後、代表選手が外れ若返りを図ったチームのエースとして2009年のワールドグランプリに出場した。その後、怪我により代表を離脱していたが、2011年に復帰すると、同年のアジア選手権で同国を3大会ぶりに優勝へ導いた。2011年ワールドカップでは王一梅とともに活躍して銅メダルを獲得した。2012年ロンドンオリンピックに出場した。同年9月のアジアカップに出場し、ベストサーバー賞を受賞した。

2013年から代表チームのキャプテンに就任し、同年のFIVBワールドグランプリで準優勝を果たした。2013/14シーズンから広東恒大に加わり、同年10月の世界クラブ選手権で銅メダルを獲得した。

健康上の問題で2015年ワールドカップは不出場となった(主将は曾春蕾が代わりに務めた)[2][3]2016年に再び主将として代表復帰するとリオ五輪で母国を3大会ぶりの金メダルに導いた。

2018年2月、中国バレーボールリーグレギュラーラウンド最終戦で現役を引退し、引退セレモニーが行われた[4]

球歴[編集]

中国代表 2009年 - 2016年

脚注[編集]