悟恩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
悟恩
912年 - 986年
生地 姑蘇郡常熟県
宗派 天台宗山外派
寺院 慈光院
志因
著作 『金光明玄義発揮記』

悟恩(ごおん、912年 - 986年)は中国天台宗の僧侶。姓は路、字は修巳、姑蘇郡常熟県(江蘇省常熟市)の人。北宋初・天台宗山外派の祖である。

事績[編集]

13歳の時に出家して、天台宗の一心三観・六即の説によって仏理を会得した。

その後、銭塘の慈光院に入り、志因に就いて修学した。天台止観の実践を学び、『法華経』『金光明経』について講学を受けた。後、それらについて講学を行うようになり、慈光院の院主となった。

その著書『金光明玄義発揮記』は、趙宋天台における山家山外論争の端緒となった。

常に浄土を讃仰し、専心して念仏して奇瑞を体感して没した。

著書[編集]

  • 『金光明玄義発揮記』

伝記資料[編集]


師:志因 天台宗(中国) 弟子: