悠仁親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
悠仁親王
秋篠宮家
Hisahito of Akishino CROPPED.jpg
2013年11月 撮影
続柄 秋篠宮文仁親王第1男子[1]

全名 悠仁(ひさひと)
身位 親王
敬称 殿下
お印 高野槇(こうやまき)
出生 (2006-09-06) 2006年9月6日(14歳)
日本の旗 日本東京都港区南麻布
恩賜財団母子愛育会 愛育病院
父親 秋篠宮文仁親王
母親 文仁親王妃紀子
テンプレートを表示
称号: 親王
Japan Kouzoku Flag 16ben.svg
敬称 殿下
His Imperial Highness the Prince
皇室
Imperial Seal of Japan.svg

天皇 徳仁
皇后 雅子






悠仁親王(ひさひとしんのう、2006年平成18年〉9月6日 - )は、日本皇族身位親王敬称殿下[2]お印高野槇(こうやまき)。

秋篠宮文仁親王同妃紀子の第1男子。明仁(第125代天皇・上皇)の孫で、徳仁(第126代天皇)の甥にあたる。姉に眞子内親王佳子内親王がいる。皇位継承順位は父・文仁親王に次ぐ第2位。

住居は、東京都港区元赤坂二丁目の赤坂御用地内にある秋篠宮邸(旧秩父宮邸)。

人物[編集]

お印に選ばれた高野槇

父・文仁親王以来、40年9か月振りの皇族男子として誕生した。21世紀3千年紀)に生まれた皇族としては従姉の敬宮愛子内親王に次いで2人目で、平成時代に誕生した唯一の皇統に属する男系男子である。また、2020年令和2年)現在、皇室構成員の中で唯一の皇位継承資格を有する50歳未満の男性皇族で、女性を含む皇室構成員の中で最年少の人物である。

来歴[編集]

誕生をめぐって[編集]

2006年平成18年)2月7日の朝、文仁親王妃紀子が秋篠宮・宮邸にて超音波検査をしたところ、胎児の心拍が確認され、妊娠6週目であると宮内庁長官羽毛田信吾により発表された[3][4][5]。17日後の、2月24日に紀子殿下が妊娠3か月であると、宮内庁が公式発表した。妊娠悪阻(つわり)などの症状があったが、2度目の検査では順調な経過が確認されたと、愛育病院[注釈 1]の院長・中林正雄によって発表された[6][7]。また、皇室医務主管金沢一郎は、秋篠宮同妃の意向により性別の事前検査は行わない方針を示した。

2006年(平成18年)8月16日の午後、文仁親王妃紀子が陣痛のため、秋篠宮と共に東京都港区南麻布恩賜財団母子愛育会 愛育病院に入院した[8][9]。また、同日、主治医の愛育病院院長・中林正雄らが会見を開き、早産の恐れなどがあるため帝王切開の処置を取ることを発表した(皇室史上初めての帝王切開による出産)[10][11]。また、皇室において、天皇一族の出産で皇居内産殿、宮内庁病院ではない場所が使われるのは史上初めてであった[12][13]2006年平成18年)9月6日 午前8時27分誕生した[11]。出生時の身長は48.8cm体重は2558g[14]。秋篠宮家においては佳子内親王以来12年ぶりの子女の誕生であり、皇室においては父・文仁親王以来、実に40年9か月ぶりの皇族男子(親王及び)である。誕生時の皇位継承順位は第3位であった。

誕生当日には、賜剣の儀が行われ、祖父である第125代天皇明仁から守り刀(天田昭次英語版作)が贈られた[15]9月12日命名の儀が行われ「悠仁」(ひさひと)と名付けられた。

「ゆったりとした気持ちで、長く久しく人生を歩んでいくことを願って」、また過去の皇族との重複を避けつつ音と意味を重視して、父・秋篠宮文仁親王が字を選んだ[16]。家族からは「ゆうゆう」の愛称で呼ばれている[17]お印高野槇で、「大きく、まっすぐに育ってほしい」との思いが込められている[16]

9月15日の愛育病院からの退院時には、宮邸のある赤坂御用地までの沿道には約1800人が集まった。警備は警視庁機動隊など計1200人態勢で行なわれた[18]

誕生の前年、2005年(平成17年)には皇族男子の減少により皇位継承問題が表面化していたこともあり、各地で奉祝をもって迎えられた。明治神宮をはじめ、各地の神社神社庁で、神輿の奉納・提灯行列・奉祝行進など祝賀行事が行われた。また悠仁親王の誕生によって、皇統断絶の危機が当面は解消されたことで、皇室典範改正案の提出は見送られた[11][19]

成長[編集]

2010年(平成22年)4月(3歳7か月の時)にお茶の水女子大学附属幼稚園に入園した。母である秋篠宮妃紀子が同大学を拠点に研究活動を行っていることから、女性研究者を支援するために同大学が創設した特別入園制度での合格によるもので[20]、悠仁親王が適用第一号である[21]

2011年(平成23年)春にも、着袴の儀が予定されていたが、東日本大震災を受け延期された[22]。同年11月3日、赤坂東邸で、着袴の儀と深曽木の儀に臨んだ[23]

2012年(平成24年)11月7日、両親とともに奈良県橿原市神武天皇陵に参拝し、玉串をささげた[24]。悠仁親王が御陵を参拝するのはこれが初めてである。

同年12月14日、2013年(平成25年)4月にお茶の水女子大学附属小学校へ入学することが発表された[25]。現行の皇室典範の下で皇族が学習院初等科以外の小学校に入学するのは初めてである。2013年4月7日、両親の秋篠宮と同妃紀子とともに、小学校の入学式に参加した[26][27]

2013年(平成25年)3月15日、お茶の水女子大学附属幼稚園卒園につき、両親とともに、武蔵陵墓地昭和天皇陵)と武蔵野東陵(香淳皇后陵)を参拝した。同年3月25日から2日間、伊勢神宮に参拝した。

同年12月10日沖縄県糸満市にある沖縄戦跡国定公園に供花、平和の礎を見学した。

2016年(平成28年)8月3日新潟県津南町の『農と縄文の体験実習館なじょもん』[28]縄文土器を見学した[29]。10歳の誕生日には、秋篠宮邸の庭で田んぼや野菜を作っていることが発表された[30][31]

同年11月20日朝、友人らと山梨県へ山登りに行く途中、相模原市中央自動車道下り線で渋滞中に追突事故に遭う。車には母・紀子と宮内庁職員ら計6人が同乗していたが怪我はなかった。事故の背景には内廷皇族宮家皇族との警備体制の違いが挙げられた[32][33][34]

2017年(平成29年)9月6日の11歳の誕生日には、同年5月の校外学習で東京・両国国技館大相撲を観戦し、友人とちゃんこを味わったことや、8月下旬に2泊3日で林間学校(長野県の白樺湖周辺)に初めて参加したこと、学校で栽培委員会に所属して花壇の水やりなどを担っていることなどが伝えられた[35]

2019年(平成31年)4月、お茶の水女子大学附属中学校に入学。同月26日には同中学校の悠仁の教室の机の上に果物ナイフが置かれる事件が発生した。犯人とされる男は同月29日に神奈川県平塚市のホテルで逮捕され[36]2020年(令和2年)2月14日に執行猶予付の懲役刑が言い渡された。

2019年(令和元年)5月1日に、伯父・徳仁の即位に伴い、父・文仁親王に次ぐ、皇位継承順位第2位となった。

2019年8月16日から8月25日までブータンを父母とともに私的旅行という形で訪問。悠仁親王にとって初の海外訪問である。また、トンボに興味を持っており、積極的に研究している[37]

前述の通り、父・文仁親王以来実に40年以上ぶりではあったものの、平成時代(第125代天皇明仁在位中)に誕生したのは悠仁親王のみで、これ以降2020年(令和2年)現在までに皇族男子は1人も出生していない。

年譜[編集]

系譜[編集]


悠仁親王の男系(父系)直系祖先[編集]

1 神武天皇 2 綏靖天皇 3 安寧天皇 4 懿徳天皇 5 孝昭天皇 6 孝安天皇 7 孝靈天皇 8 孝元天皇 9 開化天皇 10 崇神天皇
11 垂仁天皇 12 景行天皇 日本武尊 14 仲哀天皇 15 応神天皇 稚野毛二派皇子 意富富杼王 乎非王 彦主人王 26 継体天皇
29 欽明天皇 30 敏達天皇 押坂彦人
大兄皇子
34 舒明天皇 38 天智天皇 志貴皇子 49 光仁天皇 50 桓武天皇 52 嵯峨天皇 54 仁明天皇
58 光孝天皇 59 宇多天皇 60 醍醐天皇 62 村上天皇 64 円融天皇 66 一条天皇 69 後朱雀天皇 71 後三条天皇 72 白河天皇 73 堀河天皇
74 鳥羽天皇 77 後白河天皇 80 高倉天皇 82 後鳥羽天皇 83 土御門天皇 88 後嵯峨天皇 89 後深草天皇 92 伏見天皇 93 後伏見天皇 北1 光厳天皇
北3 崇光天皇 栄仁親王(伏見宮) 貞成親王(伏見宮) 102 後花園天皇 103 後土御門天皇 104 後柏原天皇 105 後奈良天皇 106 正親町天皇 誠仁親王 107 後陽成天皇
108 後水尾天皇 112 霊元天皇 113 東山天皇 直仁親王(閑院宮) 典仁親王(閑院宮) 119 光格天皇 120 仁孝天皇 121 孝明天皇 122 明治天皇 123 大正天皇
124 昭和天皇 125 明仁上皇 秋篠宮文仁親王皇嗣 悠仁親王

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
歴代天皇
 
歴代皇后
 
親王
 
内親王女王
 
臣籍降下
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大正天皇(明治天皇の子)
 
貞明皇后(大正天皇の妻)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昭和天皇(大正天皇の子)
 
香淳皇后(昭和天皇の妻)
 
秩父宮雍仁親王(大正天皇の子)
 
雍仁親王妃
勢津子
(秩父宮雍仁親王の妻)
 
高松宮宣仁親王(大正天皇の子)
 
宣仁親王妃
喜久子
(高松宮宣仁親王の妻)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三笠宮崇仁親王(大正天皇の子)
 
崇仁親王妃
百合子
(三笠宮崇仁親王の妻)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東久邇成子
(照宮)
(昭和天皇の子、臣籍降下)
 
久宮祐子内親王(昭和天皇の子)
 
鷹司和子
(孝宮)
(昭和天皇の子、臣籍降下)
 
池田厚子
(順宮)
(昭和天皇の子、臣籍降下)
 
上皇
明仁
(昭和天皇の子)
 
上皇后
美智子
(上皇明仁の妻)
 
常陸宮正仁親王(昭和天皇の子)
 
正仁親王妃
華子
(常陸宮正仁親王の妻)
 
島津貴子
(清宮)
(昭和天皇の子、臣籍降下)
 
近衞甯子(三笠宮崇仁親王の子、臣籍降下)
 
寬仁親王(三笠宮崇仁親王の子)
 
寛仁親王妃
信子
(寬仁親王の妻)
 
桂宮
宜仁親王
(三笠宮崇仁親王の子)
 
千容子(三笠宮崇仁親王の子、臣籍降下)
 
高円宮憲仁親王(三笠宮崇仁親王の子)
 
憲仁親王妃
久子
(高円宮憲仁親王の妻)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今上天皇(明仁の子)
 
皇后
雅子
 
皇嗣秋篠宮文仁親王(明仁の子)
 
皇嗣妃文仁親王妃紀子(秋篠宮文仁親王の妻)
 
黒田清子
(紀宮)
(明仁の子、臣籍降下)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
彬子女王(寬仁親王の子)
 
瑶子女王(寬仁親王の子)
 
 
 
 
 
承子女王(高円宮憲仁親王の子)
 
千家典子(高円宮憲仁親王の子、臣籍降下)
 
守谷絢子(高円宮憲仁親王の子、臣籍降下)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
敬宮愛子内親王(徳仁の子)
 
 
 
眞子内親王(秋篠宮文仁親王の子)
 
佳子内親王(秋篠宮文仁親王の子)
 
悠仁親王(秋篠宮文仁親王の子)
 
 
 
 
 


記紀による初代天皇(神武天皇)以前の系図については、皇室皇室の系図一覧を参照[編集]

  • 各人の囲み上部の数字は生年と没年、下部の数字は即位年と退位年、「前」は紀元前、「?」は不詳を示す。
  • 太字は漢風諡号、生没年に併記されているのは諱、斜体字は別名。
  • 赤色の囲みは女性を示す。
  • カッコ付きの太数字は天皇の代数[要出典]
前711-前585
神武天皇
前660–前585(1)
 
 
 
前632-前549
綏靖天皇
前581–前549(2)
 
 
 
前577-前510
安寧天皇
前549–前510(3)
 
 
 
前553-前476
懿徳天皇
前510–前476(4)
 
 
 
前506-前393
孝昭天皇
前475–前393(5)
 
 
 
前427-前291
孝安天皇
前392–前291(6)
 
 
 
前342-前215
孝靈天皇
前290–前215(7)
 
 
 
前273-前158
孝元天皇
前214–前158(8)
 
 
 
前208-前98
開化天皇
前157–前98(9)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前148-前29
崇神天皇
前97–前29(10)
 
 
 
 
彦坐王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前68–紀元後70
垂仁天皇
前29–70(11)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前13–130
景行天皇
71–130(12)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
82?–113?
日本武尊
 
84–191
成務天皇
131–191(13)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 148? –200
仲哀天皇
192–200(14)
 
 
 
 
170-269
神功皇后
摂政 201–269
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
200-310
應神天皇
270–310(15)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
257–399
仁徳天皇
313–399(16)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
稚野毛二派皇子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 336? –405
履中天皇
400–405(17)
 
 336? –410
反正天皇
406–410(18)
 
 376? –453
允恭天皇
413–453(19)
 
忍坂大中姫
 
意富富杼王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
市辺押磐皇子
 
 
 
 
 
401-456
安康天皇
454–456(20)
 
418-479
雄略天皇
456–479(21)
 
乎非王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
440-484
飯豊青皇女
臨朝秉政 484
 
大脚 449-498
仁賢天皇
488–498(24)
 
450-487
顯宗天皇
484–487(23)
 
444-484
清寧天皇
480–484(22)
 
彦主人王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
489-507
武烈天皇
498–507(25)
 
手白香皇女
 
 
 
 
 
 
 
 
 
450-531
繼體天皇
507–531(26)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
509-571
欽明天皇
540–571(29)
 
465-536
安閑天皇
531–536(27)
 
高田 467-539
宣化天皇
536–539(28)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
538-585
敏達天皇
572–585(30)
 
額田部 554-628
推古天皇
593–628(33)
 
 540? -587
用明天皇
585–587(31)
 
泊瀬部  553? –592
崇峻天皇
587–592(32)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
押坂彦人大兄皇子
 
 
 
 
 
574-622
厩戸皇子
聖徳太子
摂政 593-622
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
茅渟王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
軽 596-654
孝徳天皇
645–654(36)
 
宝 594-661
皇極天皇
642–645(35)
齊明天皇
654–661(37)
 
 
 
田村 593-641
舒明天皇
629–641(34)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
葛城 626-672
天智天皇
661–672(38)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大友 648-672
弘文天皇
672(39)
 
 
 
 
鸕野讚良 645-701
持統天皇
690–697(41)
 
 
 
大海人 631?-686
天武天皇
672-686(40)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
668?–716
志貴皇子
(春日宮天皇)
 
 
 
阿閇 661-721
元明天皇
707-715(43)
 
662–689
草壁皇子
(岡宮天皇)
 
 
676–735
舎人親王
(崇道尽敬皇帝)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
氷高 680-748
元正天皇
715–724(44)
 
珂瑠 683-707
文武天皇
697–707(42)
 
 
大炊 733-765
淳仁天皇
758–764(47)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
首 701-756
聖武天皇
724-749(45)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
? -790
高野新笠
 
白壁 709-782
光仁天皇
770–781(49)
 
717–775
井上内親王
 
阿倍 718-770
孝謙天皇
749–758(46)
称徳天皇
764–770(48)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
山部 737-806
桓武天皇
(柏原帝)
781–806(50)
 
750?–785
早良親王
(崇道天皇)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
安殿 774-824
平城天皇
(奈良帝)
806–809(51)
 
神野 786-842
嵯峨天皇
809–823(52)
 
大伴 786-840
淳和天皇
(西院帝)
823–833(53)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正良 810-850
仁明天皇
(深草帝)
833–850(54)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
道康 827-858
文徳天皇
(田邑帝)
850–858(55)
 
時康 830-887
光孝天皇
(小松帝)
884–887(58)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
惟仁 850-880
清和天皇
(水尾帝)
858–876(56)
 
定省 867-931
宇多天皇
887–897(59)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
貞明 869-949
陽成天皇
876–884(57)
 
敦仁 885-930
醍醐天皇
897–930(60)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
寛明 923-952
朱雀天皇
930–946(61)
 
成明 926-967
村上天皇
946–967(62)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
憲平 950-1011
冷泉天皇
967–969(63)
 
 
 
 
 
守平 959-991
圓融天皇
969–984(64)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
師貞 968-1008
花山天皇
984–986(65)
 
居貞 976-1017
三條天皇
1011–1016(67)
 
 
 
懐仁 980-1011
一條天皇
986–1011(66)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1013-1094
禎子内親王
 
敦良 1009-1045
後朱雀天皇
1036–1045(69)
 
敦成 1008-1036
後一條天皇
1016–1036(68)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
尊仁 1034-1073
後三條天皇
1068–1073(71)
 
親仁 1025-1068
後冷泉天皇
1045–1068(70)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
貞仁 1053-1129
白河天皇
1073–1087(72)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
善仁 1079-1107
堀河天皇
1087–1107(73)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宗仁 1103-1156
鳥羽天皇
1107–1123(74)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
顕仁 1119-1164
崇徳天皇
1123–1142(75)
 
雅仁 1127-1192
後白河天皇
1155–1158(77)
 
体仁 1139-1155
近衞天皇
1142–1155(76)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
憲仁 1161-1181
高倉天皇
1168–1180(80)
 
 
 
 
 
 
 
守仁 1143-1165
二條天皇
1158–1165(78)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1179-1223
守貞親王
(後高倉院)
 
言仁 1178-1185
安徳天皇
1180–1185(81)
 
尊成 1180-1239
後鳥羽天皇
1185–1198(82)
 
順仁 1164-1176
六條天皇
1165–1168(79)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
茂仁 1212-1234
後堀河天皇
1221–1232(86)
 
 
 
為仁 1196-1231
土御門天皇
1198–1210(83)
 
守成 1197-1242
順徳天皇
1210–1221(84)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
秀仁 1231-1242
四條天皇
1232–1242(87)
 
 
 
邦仁 1220-1272
後嵯峨天皇
1242–1246(88)
 
懐成 1218-1234
仲恭天皇
1221(85)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1242-1274
宗尊親王
1252-1266(鎌倉将軍6)
 
 
 
 
久仁 1243-1304
後深草天皇
1246–1260(89)
 
 
 
 
 
 
恒仁 1249-1305
龜山天皇
1260–1274(90)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1264-1326
惟康親王
1266-1289(鎌倉将軍7)
 
熈仁 1265-1317
伏見天皇
1287–1298(92)
 
 
 
1279-1308
久明親王
1289-1308(鎌倉将軍8)
 
 
 
世仁 1267-1324
後宇多天皇
1274–1287(91)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
胤仁 1288-1336
後伏見天皇
1298–1301(93)
 
富仁 1297-1348
花園天皇
1308–1318(95)
 
1301-1333
守邦親王
1308-1333(鎌倉将軍9)
 
邦治 1285-1308
後二條天皇
1301–1308(94)
 
尊治 1288-1339
後醍醐天皇
1318–1339(96)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
量仁 1313-1348
光厳天皇
1332–1334(北朝1)
 
豊仁 1322-1380
光明天皇
1336–1348(北朝2)
 
 
 
義良 1328-1368
後村上天皇
1339-1368(97)
 
1308-1335
護良親王
征夷大将軍 1333-1334
 
1326-1338/1344
成良親王
征夷大将軍 1334-1338
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
興仁 1334-1398
崇光天皇
1348–1351(北朝3)
 
弥仁 1336-1374
後光嚴天皇
1352–1371(北朝4)
 
寛成 1343-1394
長慶天皇
1368–1383(98)
 
熙成 1350?-1424
後龜山天皇
1383-1392(99)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1351-1416
伏見宮栄仁親王
 
緒仁 1339-1393
後圓融天皇
1371–1382(北朝5)
 
参照:
南朝北朝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1372-1456
伏見宮貞成親王
(後崇光院)
 
幹仁 1377-1433
後小松天皇
1382-1392(北朝6)
1392–1412(100)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
彦仁 1419-1471
後花園天皇
1428–1464(102)
 
躬仁 1401-1428
称光天皇
1412–1428(101)
 
 
 
 
 
 
 
成仁 1442-1500
後土御門天皇
1464–1500(103)
 
 
 
 
 
 
 
勝仁 1464-1526
後柏原天皇
1500–1526(104)
 
 
 
 
 
 
 
知仁 1497-1557
後奈良天皇
1526–1557(105)
 
 
 
 
 
 
 
方仁 1517-1593
正親町天皇
1557–1586(106)
 
 
 
 
 
 
 
1552-1586
誠仁親王
(陽光院)
 
 
 
 
 
 
 
和仁 1572-1617
後陽成天皇
1586–1611(107)
 
 
 
 
 
 
 
政仁 1596-1680
後水尾天皇
1611–1629(108)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
興子 1624-1696
明正天皇
1629-1643(109)
 
紹仁 1633-1654
後光明天皇
1643–1654(110)
 
良仁 1638-1685
後西天皇
1655–1663(111)
 
識仁 1654-1732
靈元天皇
1663–1687(112)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
朝仁 1675-1710
東山天皇
1687–1709(113)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1704-1753
閑院宮直仁親王
 
慶仁 1702-1737
中御門天皇
1709–1735(114)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昭仁 1720-1750
櫻町天皇
1735–1747(115)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1733-1794
閑院宮典仁親王
(慶光天皇)
 
遐仁 1741-1762
桃園天皇
1747–1762(116)
 
智子 1740-1813
後櫻町天皇
1762–1771(117)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
英仁 1758-1779
後桃園天皇
1771–1779(118)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1780-1843
勧修寺婧子
 
師仁 1771-1840
光格天皇
1780–1817(119)
 
1779-1846
欣子内親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
恵仁 1800-1846
仁孝天皇
1817–1846(120)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
統仁 1831-1867
孝明天皇
1846–1867(121)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
睦仁 1852-1912
明治天皇
1867–1912(122)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
嘉仁 1879-1926
大正天皇
1912–1926(123)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
裕仁 1901-1989
昭和天皇
摂政 1921-1926
1926–1989(124)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
明仁 1933-
上皇明仁
1989–2019 (125)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳仁 1960-
今上天皇
2019- (126)
 
1965-
皇嗣
秋篠宮文仁親王
 
1969-
黒田清子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2001-
愛子内親王
 
1991-
眞子内親王
 
1994-
佳子内親王
 
2006-
悠仁親王

 

家族・親族[編集]

悠仁親王 父:
文仁親王秋篠宮
祖父:
上皇明仁
曾祖父:
昭和天皇
曾祖母:
香淳皇后
祖母:
上皇后美智子
曾祖父:
正田英三郎
曾祖母:
正田富美子
母:
紀子
祖父:
川嶋辰彦
曾祖父:
川嶋孝彦
曾祖母:
川嶋紀子
祖母:
川嶋和代
曾祖父:
杉本嘉助
曾祖母:
杉本栄子

皇位継承順位[編集]

日本の皇位継承順位令和元年(2019年5月1日 -
順位 皇位継承資格者 読み 性別 生年月日 現年齢 今上天皇から見た続柄 摂政就任順位
   
第1位 Prince and Princess Akishino during their visit to México City (2014) (cropped).jpg 秋篠宮文仁親王 あきしののみや ふみひと 男性 1965年11月30日
(昭和40年)
54歳 親等2/弟 / 上皇明仁第2皇男子 第1位
第2位 Hisahito of Akishino CROPPED.jpg 悠仁親王 ひさひと 男性 2006年09月06日
(平成18年)
14歳 親等3/甥 / 秋篠宮文仁親王第1男子
第3位 Prince Masahito cropped 2 Prince Masahito Prince Albert II Princess Hanako and Yukiya Amano 20100713.jpg 常陸宮正仁親王 ひたちのみや まさひと 男性 1935年11月28日
(昭和10年)
84歳 親等3/叔父 / 昭和天皇第2皇男子 第2位

令和元年5月1日時点では、父・文仁親王(54)に次いで第2位。平成生まれでは唯一であり、最年少皇位継承資格者である。

称号・宮号の有無や敬称の表記など[編集]

菊栂(きくつが)

宮家(秋篠宮家)の生まれであり、また当主ではないため、天皇の皇子や皇女に与えられる御称号は持たず「秋篠宮」という宮号も冠さない。

身位・敬称を含めた表現は宮内庁公式HPでは「悠仁親王殿下」と表記している。

ただし、幼稚園においては姉の眞子内親王佳子内親王同様、便宜上「秋篠宮」を名字の代わりとして用いていた[注釈 2]

逸話[編集]

誕生時には、21か国の元首から天皇明仁・皇后美智子へ、31か国の元首から天皇明仁へ、それぞれ皇孫誕生の祝電が寄せられた[38]。悠仁親王が誕生したことで、2006年(平成18年)の今年の漢字に「命」が選ばれた。また2位には「悠」がランクインした[39]

祝賀[編集]

天皇・皇后が初めて見舞いに訪れた際には、白いベビーシューズを母子に贈った。この靴は、悠仁親王1歳の誕生日の記念写真でソファ脇の机に飾られているのを見ることができる[40]

トルコトプカプ宮殿博物館からは国宝「金のゆりかご」が貸し出され、2007年(平成19年)8月から9月まで東京都美術館で開催された「トプカプ宮殿至宝展」で特別展示された[41]。これは門外不出の国宝で、トプカプ宮殿博物館館長の厚意により実現したもの。

お印高野槇と決まった後、高野槇を市の木とする岐阜県中津川市の中津川観光協会が高野槇の写真入のパンフレット用紙袋を製作した。また高野槇の名の由来である高野山への交通手段である南海電気鉄道では、誕生記念として難波駅で高野槇1000本を乗客に無料配布した。

記帳所[編集]

悠仁親王は皇室では41年ぶりの男子誕生だったが、宮内庁はあくまで一宮家の生まれであるとして誕生を祝うための記帳所を設けなかった。しかし地方自治体寺社などでは独自に記帳所を設けたところもあった。

国内外メディアの報道[編集]

悠仁親王の誕生は世界各国のメディアで報道された。王室を持つイギリスでは日本の皇位継承問題に関心があったこともあり、BBCニュースはトップニュースで報道[42]アメリカCNNでは速報で東京特派員が「It's a boy!」と伝えた。またアメリカのニューヨーク・タイムズ紙電子版やTIME[43]中国新華社通信韓国聯合ニュース朝鮮日報[44]なども速報記事や特集記事を出した。また日本国内でも各メディアが報じたが、独立局である三重テレビでは10:59のスポットCM枠で特設ニュース枠が設けられ報じられた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 現在の設置者は、公益法人の社会福祉法人であるが、1934年昭和9年)に、継宮明仁親王(第125代天皇・明仁)の出産を記念し、昭和天皇より受けた下賜金をもとに作られ、高円宮家女王らの出産に際して使われるなど、皇室との関わりも深い。また、都内の出産事情においては、聖路加国際病院山王病院と共に、「ブランド出産御三家」の一つとして、高級病院とされている。(『愛育ママの秘密』(桜井美貴子著 ブックマン社 2007.3))
  2. ^ 2010年(平成22年)4月9日 朝日新聞「悠仁さま、幼稚園の入園式」入園式では"秋篠宮悠仁さん"と呼ばれた。

出典[編集]

  1. ^ 宮内庁 秋篠宮家
  2. ^ 皇室典範第二十三条第二項「前項の皇族以外の皇族の敬称は、殿下とする。」
  3. ^ 紀子さま ご懐妊 きょう、超音波検査で(朝日新聞号外) 2006年2月7日
  4. ^ 紀子さまご懐妊 秋に第3子ご出産(読売新聞号外)2006年2月7日
  5. ^ 紀子さまご懐妊 秋篠宮家、秋に第3子ご出産予定(速報・中日新聞) 2006年2月7日
  6. ^ 秋篠宮妃紀子さま、妊娠3か月目…宮内庁が正式発表(読売新聞社・2006年2月24日)
  7. ^ 秋篠宮妃紀子さま:宮内庁が懐妊を正式発表 9月出産予定(毎日新聞社・2006年2月24日)
  8. ^ 紀子さま、ご出産に備え愛育病院に入院(読売新聞社)2006年8月16日
  9. ^ “紀子さまご入院 都内の病院で出産準備”. Sankei Web(産経新聞社. (2006年8月16日). http://www.sankei.co.jp/news/060816/sha072.htm 2017年7月29日閲覧。 
  10. ^ “紀子さま 出産へ万全期し入院”. スポーツニッポン新聞社. (2006年8月16日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2006/08/17/03.html 2017年7月29日閲覧。 
  11. ^ a b c “紀子さま、男児ご出産 皇室41年ぶり、皇位継承3位 母子とも健やか”. 朝日新聞. (2006年9月8日). http://www.asahi.com/edu/nie/kiji/kiji/TKY200609080206.html 2017年7月31日閲覧。 
  12. ^ “紀子さま、愛育病院に入院”. 日刊スポーツ. (2006年8月16日). http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20060816-76415.html 2017年7月29日閲覧。 
  13. ^ 総力取材 (祝)親王誕生カウント・ダウン “3LDKの生母”紀子妃と「川嶋家」の研究(講談社週刊現代)2006年9月2日号
  14. ^ “Japan's new prince turns one amid public glare”. AFP. (2007年9月5日). http://afp.google.com/article/ALeqM5i9WeoeVmpRMnJg23ED0SAcHB8F-Q 2017年6月2日閲覧。 
  15. ^ “紀子さまご出産 「お祝いありがとう」 陛下、国際会議で予定外のお言葉”. 読売新聞 (読売新聞社): p. [要ページ番号]. (2006年9月7日) 
  16. ^ a b “秋篠宮家ご長男に命名 『悠仁さま』 ゆったりと長い人生を願い”. 読売新聞 (読売新聞社): p. [要ページ番号]. (2006年9月7日) 
  17. ^ “皇室:「ゆうゆう」より大きいよ 秋篠宮ご夫妻、千葉・鴨川を旅行”. 毎日jp (毎日新聞社). (2012年4月9日). オリジナルの2012年11月14日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20121114093436/http://mainichi.jp/feature/koushitsu/news/20120407dde041040054000c.html 2013年10月18日閲覧。 
  18. ^ “紀子さまと悠仁さま退院”. Web東奥 (東奥日報社). (2006年9月15日). オリジナルの2006年10月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20061021171856/http://www.toonippo.co.jp/douga/koushitsu/news2006/20060915.html 2013年10月18日閲覧。 
  19. ^ “Prince Hisahito celebrates third”. The Japan Times. (2009年9月6日). http://www.japantimes.co.jp/news/2009/09/06/national/prince-hisahito-celebrates-third/ 2017年6月2日閲覧。 
  20. ^ “悠仁さまがお茶大幼稚園へ 3年保育、来春から”. 読売新聞 (読売新聞社): p. [要ページ番号]. (2009年12月3日) 
  21. ^ “Prince Hisahito to enter Ochanomizu University Elementary School”. The Japan Times. (2012年12月15日). http://www.japantimes.co.jp/text/nn20121215b5.html 2017年6月2日閲覧。 
  22. ^ 「天皇ご夫妻が見せた「決意」と「象徴天皇」の形」『週刊朝日』2011年4月29日号、朝日新聞出版、 [要ページ番号]
  23. ^ “悠仁さま、着袴と深曽木の儀=成長祝い、男子で41年ぶり” (時事通信). Yahoo!ニュース (Yahoo Japan). (2011年11月3日). オリジナルの2011年11月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111106004523/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111103-00000041-jij-soci 
  24. ^ “悠仁さま、神武天皇陵を参拝”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2012年11月7日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG07030_X01C12A1CR8000/ 2013年10月18日閲覧。 
  25. ^ “悠仁さま お茶の水女子大付属小学校に”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2012年12月14日). オリジナルの2013年4月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130413024549/http://sankei.jp.msn.com/life/news/121214/imp12121418400001-n1.htm 2013年10月19日閲覧。 
  26. ^ “悠仁さま、お茶の水女子大付属小学校にご進学”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2013年4月7日). オリジナルの2013年9月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130928214343/http://sankei.jp.msn.com/life/news/130407/imp13040711040001-n1.htm 2013年10月19日閲覧。 
  27. ^ Prince Hisahito, third in line to Imperial throne, turns 8”. The Japan Times (2014年9月6日). 2015年5月13日閲覧。
  28. ^ 農と縄文の体験実習館なじょもん”. なじょもん. 2016年9月6日閲覧。
  29. ^ “縄文時代を体験する施設に…悠仁さま夏休み”. 日テレNEWS24 (日本テレビ). (2016年8月3日). http://www.news24.jp/articles/2016/08/03/07337062.html 2016年9月20日閲覧。 
  30. ^ “悠仁さま 10歳の誕生日”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2016年9月6日). オリジナルの2016年9月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160905225234/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160906/k10010671501000.html 2016年9月6日閲覧。 
  31. ^ “悠仁さま、10歳の誕生日 稲作や野菜づくりに夢中”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2016年9月6日). http://www.asahi.com/articles/ASJ954J0KJ95UTIL01C.html 2016年9月6日閲覧。 
  32. ^ 悠仁さまらが乗った車、追突事故の背景は? 皇太子家と異なる警備態勢 ハフィントンポスト”. 2020年8月10日閲覧。
  33. ^ 紀子さまら車事故、警備態勢は 皇太子家は全て青信号に 朝日新聞”. 2020年8月10日閲覧。
  34. ^ 宮内庁次長「警備態勢見直しせず」 紀子さま、悠仁さまご乗車の自動車事故で 産経ニュース”. 2020年8月10日閲覧。
  35. ^ “悠仁さま、きょう11歳 学校で栽培委員会に”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2017年9月6日). https://www.asahi.com/articles/ASK937DD4K93UTIL02J.html 2018年4月18日閲覧。 
  36. ^ 悠仁さまの席に刃物、56歳男を逮捕 警視庁(日本経済新聞、2019年4月29日)
  37. ^ 2019年皇嗣の誕生日会見での発言より。
  38. ^ 官報本紙皇室事項欄(2006年(平成18年)11月10日付及び同年12月13日付)。
  39. ^ 2006年「今年の漢字」第1位は「命」”. 公益財団法人 日本漢字能力検定協会 (2006年1月1日). 2018年3月6日閲覧。
  40. ^ “悠仁さま満1歳”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2007年9月6日). オリジナルの2013年5月1日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130501100210/http://www.yomiuri.co.jp/feature/impr/0709photo/index.htm 2013年10月18日閲覧。 ※写真2枚目
  41. ^ 休日お出かけ情報 トプカプ宮殿の至宝展”. BPnet セカンドステージ. 日経BP社 (2007年8月22日). 2011年9月29日閲覧。
  42. ^ “Japan princess gives birth to boy” (英語). BBC NEWS (BBC). (2006年9月6日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/5316266.stm 2016年9月20日閲覧。 
  43. ^ Walsh, Bryan (2006年9月5日). “Japan Celebrates: It's a Boy!” (英語). TIME (Time Inc). http://content.time.com/time/world/article/0,8599,1531895,00.html 2016年9月20日閲覧。 
  44. ^ “【速報】秋篠宮紀子妃、男児出産”. Chosun Online 朝鮮日報 (朝鮮日報JNS). (2006年9月6日). オリジナルの2007年9月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070901000000/http://www.chosunonline.com/article/20060906000008 2013年10月19日閲覧。 

関連項目[編集]