患者学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

患者学(かんじゃがく)は、医療従事者が患者から学び、患者も医療や病状について学ぶ概念や運動などのこと[1][2]

世界的な動き[編集]

英国NHSによって2002年から「慢性疾患セルフマネジメントプログラム(CDSMP)」を発展的に改組し「患者学プログラム(EPP)」が開始された。長期慢性疾患患者の自助と家族の援助を強化するために国家政策として熟達患者を育成している。[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 岩崎賢一 (2019年6月25日). “7年後に発覚した双極性障害 それでも家族が壊れなかった理由”. withnews. 2019年7月3日閲覧。
  2. ^ 加藤 (2019),pp.36-37

参考文献[編集]

  • 加藤眞三「総説 公開講座「患者学」の開催:患者に学ぶ,患者も学ぶ」『全人的医療』第17巻第1号、国際全人医療研究所、2019年3月25日、 36-45頁、 doi:10.32183/ifcm.17.1_36

関連項目[編集]