悪の帝国発言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

悪の帝国発言(あくのていこくはつげん)とは、1983年3月8日アメリカ合衆国ロナルド・レーガン大統領が、一般教書演説ソビエト連邦自由民主主義を抑圧する「悪の帝国(evil empire)」であると非難した発言。 同時期に流行っていた映画「スター・ウォーズ」の銀河帝国にソ連をなぞらえたものと考えられている。

米ソ関係は1979年のソ連のアフガン侵攻以来緊張が高まっていたが、この発言により当然ながらソ連の態度はより硬化し、キューバ危機以来の緊張関係になった。そのため、世界終末時計(核の時計)の針も三分前にすすめられた。ソ連の当時の首脳の回想録によると[要出典]、軍首脳部は緊急かつ明白な予算の倍増要求をする理由ができたことを喜んだという。

この「悪の帝国」というフレーズはブッシュ大統領悪の枢軸発言に影響を与えたとする意見がある。ブッシュ大統領はよりもロナルド・レーガン大統領に強く影響を受けていることを認めている。[要出典]

目次

反応

西側

東側

大衆への影響

アメリカ国内では、ソ連は自由主義民主主義といった価値観とは反対の独裁制全体主義といった政治体制で国民を抑圧している国家であり、ソビエト連邦国民は血も涙もない冷酷な人種であるといったステレオタイプが形成された。また、『ロッキー』、『ランボー』、『ターミネーター』、『レッド・スコルピオン』などといった多数のハリウッド映画が製作され、世界中に向け前述のイメージを増幅、流布させるようになった。

ロックバンド「レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン」はこの発言をモチーフとしたアルバム「イーヴィル・エンパイアevil empire)」を発表し、ホワイトハウスに痛烈な批判を展開している。

関連項目

今日は何の日(4月21日

もっと見る

「悪の帝国発言」のQ&A