悪役

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
漫画などで描かれる悪役のステレオタイプ
歌舞伎の有名な敵役(悪形)、江戸兵衛(えどべえ)/画像は、東洲斎写楽役者大首絵『三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛』で、主人公から大金を奪い盗ろうとにじり寄る悪人・江戸兵衛を演じる歌舞伎役者・三代目大谷鬼次(二代目中村仲蔵)を描いたもの。[* 1]

悪役(あくやく)は、第一義には、物語性のある芝居やその他の作品全般において、悪人を演じる、また、その演者をいう[1][2]。 第二義には、第一義から転じて比喩的に憎まれ役(他者から憎まれる役回り)[2]を指す。 さらには、人間の織りなす歴史を物語に譬える概念の下、特定の価値観において悪人と見える立ち回りの目立つ人物を「悪役」呼ばわりすることもある。また、政治的意図をもって悪人もしくは悪役に仕立て上げられる人物がいるのも、歴史である[* 2]

歌舞伎では、「悪役」の第一義を指して、悪人形[1]/悪人方[3][2](あくにんがた)、悪形/悪方(あくがた)[1]悪方(いやがた)[3]など、様々に呼んでいたが、最終的には「悪役」とはニュアンスの異なる「敵役(かたきやく)」という言い回しに落ち着いた[3][* 3]

概要[編集]

悪役は特に勧善懲悪などの要素を含む物語では必要不可欠の要素である。悪役がふてぶてしく立ち回ることにより主人公の存在感をより鮮明にし、また主人公やその仲間に倒されることで、見る者にカタルシス浄化作用)を与える。基本的には物語の根底を彩り、主役たちを引き立たせる重要な存在である。したがって、悪役が魅力的であればあるほど物語の完成度は高くなる。

古典文学[編集]

古典文学では、悪役のキャラクターは、近代やポストモダンの作品に登場するものとは必ずしも同じではない。というのも、道徳観の境界線が曖昧な感覚を示すためにぼかされたり、歴史的背景や文化的な考え方に影響されたりすることが多いからである。古典文学においてヒーローとヴィランの定義は、はっきりしないことがよくある[4]

ウィリアム・シェイクスピアは、悪役の原型を三次元的な特徴を持つようにモデル化し、現代文学で悪役が見せる複雑な性質に道を開いた。しかし、シェイクスピアが歴史上の人物を描写する際には、チューダー朝の情報源からもたらされるプロパガンダ作品の影響を受けており(彼の作品にはそのような偏りが見られる)、彼らの評判を落とすことが多かった。例えば、シェイクスピアはリチャード3世を、腹立ち紛れに一族を滅ぼした醜い怪物として描いたことで有名である[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 本図のために取材された演目『恋女房染分手綱』は寛政6年(1794年)上演で、本図も同年に刊行されている。
  2. ^ 例えば、徳川史観での石田三成
  3. ^ なお、勧善懲悪と役回りの固定化が様式として特徴的な歌舞伎という演劇においては、「悪役」と「敵役」が同義語になり得るが、歌舞伎以外の全般においてはそうとは限らない。

出典[編集]

関連項目[編集]