悪役商会 (プロレス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

悪役商会(あくやくしょうかい)は、1989年全日本プロレスで結成されたユニット。2000年にプロレスリング・ノアに拠点を移し、男前軍(おとこまえぐん)と改称した。

なお八名信夫が主宰する俳優事務所「悪役商会」とは無関係。

概要[編集]

ジャイアント馬場が年齢の問題などで一線を退き、ラッシャー木村らとファミリー軍団を結成。これに対抗するユニットとして結成され、主に休憩前にタッグマッチを行っていた。当時の全日本プロレスのキャッチフレーズでもあった「明るく楽しく激しいプロレス」の「明るく楽しく」の部分はこのタッグマッチが請け負っていたと言える。試合後には木村から悪役商会の面々に茶々を入れるマイクパフォーマンスが行われ、全日本名物となっていた。

初期には大熊元司が参加していたが、大熊死去後の1990年代後半には、ジャイアント・キマラ(2代目)、菊地毅泉田竜舞なども加わっていた。

2000年、全日本プロレスが分裂し、悪役商会の構成員であった渕正信のみ全日本に残留。プロレスリング・ノアにおいて永源遥を中心に男前軍と改称して活動を続ける。木村、永源を中心に「男前軍」対「色男軍(旧ファミリー軍団)」として「続・ファミ悪決戦」が行われていた。木村が病気による長期療養(後に引退)に入ると、永源と百田光雄とのシングルマッチが定期的に第1試合に組まれて「ファミ悪決戦」が継続されるようになり、100を超えるシングルマッチを行った。

永源は2006年3月に引退し、悪役商会(および、その流れを組む男前軍)は遂に消滅したと思われたが、SUWAが百田との抗争を開始している。しかしSUWAも引退し、ファミ悪決戦の流れを汲む戦いは消滅した。

マイティ井上はかつての抗争を振り返り「悪役商会って言われていたけど、別に悪いことしていた覚えはないけどね」と語っている。

メンバー[編集]

準メンバー
メンバー外の共闘選手

関連項目[編集]