悪魔の階級

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

キリスト教悪魔の階級(あくまのかいきゅう)は、時代によって変化している。初期は、悪魔長たるサタン(デヴィル)およびその他のデーモンに分かれるのみであった。だがこの見方はすぐに変化して、地獄も階層をもつものと認識されるようになる。

中世において有名なエクソシストセバスチャン・ミカエリスは、悪魔の三階級説を提案。その後、16世紀に書かれたヨーハン・ヴァイヤーの『悪魔の偽王国』などにおいて、地上の王国の階級を真似るような悪魔の階級が提案された。

ゴエティア』および『悪魔の偽王国』においては、騎士総裁、大総裁、伯爵、大伯爵、公爵、大公爵、侯爵、大侯爵、君主[1]、大君主、、大王、皇帝といった中世の封建制度を模した階級が紹介されている[2]

また、『大奥義書』においては、宰相大将中将少将旅団長といった政治・軍事組織を模した階級が悪魔に与えられている[3]

脚注[編集]

  1. ^ ゴエティア』および『悪魔の偽王国』での原語(ラテン語:Princeps, 英語:Prince)は文脈から「王族としての称号」ではなく「君主としての称号」として使用されている。したがって、悪魔に関する書籍でしばしば使用される「貴公子」、「王子」という訳はここでは使用せず、「君主」を訳語として採用した。英語のPrinceは日本語において「大公」と訳されることもあるが、Princeを「大公」と訳した場合、「大公爵」との混乱が生じる可能性があり、また、「大君主」(ラテン語:Magnus Princeps, 英語:Great Prince)を適切に訳出することができなくなるため、「大公」ではなく「君主」を採用する。
  2. ^ 准男爵男爵子爵副王は使われていない。
  3. ^ 『地獄の辞典』 p.119 でも紹介されている。

参考文献[編集]