悲しき16才

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

悲しき16才」(かなしき16さい)は、1960年に発表された楽曲である。日本ではザ・ピーナッツが歌唱していた[1]

概要[編集]

この楽曲はケーシー・リンデン (Kathy Linden) が歌唱した「Heartaches at sweet sixteen」が元となっており、それを日本語に訳詞した上で1960年に発表した。

前奏や間奏部分で「ヤヤヤーヤ、ヤヤヤヤ…」と歌う特徴的な部分が人気を博した。当時、ザ・ピーナッツは実年齢は19歳であったが、16歳が歌っていることを感じさせるメロディとして作成された。

またこの歌は映画版も存在している。ただし、全体的には前奏等の演奏や曲調が一部相違する程度である。

なお、現存する音源は全て発表当時に録音されたモノラル録音であり、ステレオ録音のものは存在していないが、曲調が少し異なる映画版のものも存在されている。

発表年であった1960年の『第11回NHK紅白歌合戦』でも歌唱されている。

一時期ザ・ピーナッツの全曲集CDには収録されていなかったが、現在は再度収録されるようになった。

なお、タイトルは「悲しき16歳」となっているものもあるが、正確には「悲しき16才」(JASRACにもこのタイトルで届出)である。

作成者[編集]

日本におけるカバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、他にスリー・グレイセスによる英語版カヴァーも存在していた

参考文献・出典[編集]

  • キングレコード「ザ・ピーナッツ メモリーズBOX」解説書
先代:
情熱の花
ザ・ピーナッツ
NHK紅白歌合戦歌唱楽曲
1960年・第11回
次代:
スク・スク