悲しみの果て

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
悲しみの果て
エレファントカシマシシングル
初出アルバム『ココロに花を
B面 四月の風
(1996年4月盤)
うれしけりゃとんでゆけよ (宮本プロデュースバージョン)
(1996年11月盤)
リリース
規格 8cmCD
ジャンル ロック
時間
レーベル ポニーキャニオン
作詞・作曲 宮本浩次
プロデュース 宮本浩次,土方隆行
チャート最高順位
1996年4月盤
1996年11月盤
  • 30位(オリコン)
  • 26位(CDTV)
エレファントカシマシ 年表
この世は最高!
1994年
悲しみの果て
1996年
孤独な旅人
(1996年)
エレファントカシマシ 年表
孤独な旅人
(1996年)
悲しみの果て
(1996年)
明日に向かって走れ
1997年
ミュージックビデオ
「悲しみの果て」ver.2 - YouTube
テンプレートを表示

悲しみの果て」(かなしみのはて)は、エレファントカシマシの10枚目及び12枚目のシングル。

解説[編集]

エピック・ソニーとの契約を打ち切られた後、ポニーキャニオンに移籍して最初にリリースした2年ぶりの新作である。その内容はエピック時代には見られない前向きに未来をとらえるもので、その後も作品を追うごとに変化が見られるようになった。本作のリリースをもって再デビューと位置付けている。本作からバンド名のエレファント カシマシの間の空白が詰められている。

当初は「四月の風」との両A面シングルとして発売されたが、現在公式サイトでは単独A面に修正されている。収録内容を変えて再発売されたシングルは本作のみである。公式サイトでも別々に扱われているため、本項では10枚目及び12枚目のシングルとした。「四月の風」を収録した方のシングルはジャケットが2種類あり、ELéPHANT kashimashiの字の下にタイトルがあるものとないものと2種類ある。「悲しみの果て」のPVは2パターン存在しており、天王洲の倉庫の中で撮影されたヴァージョンと、ライヴ映像を使用したヴァージョンとがある。

エピック時代のシングル作品はヒットには至らなかったが、スマッシュヒットを記録。アルバム『ココロに花を』のスマッシュヒットの足掛かりとなる。多く売り上げたのは再発盤の方である。

カップリングである「四月の風」は、それまでのエレファントカシマシに比べるとかなりポップな曲調であり、作曲している際、宮本曰く「こんな曲書いたら死ぬんじゃないか」と思ったほどこれまでの作風との乖離に悩んでいた。しかし、デモテープを事務所のスタッフに聴かせると好評で、「遁生」を作曲した時を思い出しながら「こんな歌を歌える俺たちは超えた」と思い自信を深めた。

「四月の風」がFM802の1996年4月度のヘビーローテーションとなったことがブレイクの一端を担ったこともあり、宮本曰く「思い出深い曲」として大阪でのライブの際は頻繁に演奏される。

収録曲[編集]

1996年4月盤[編集]

  1. 悲しみの果て(作詞・作曲:宮本浩次 / 編曲:宮本浩次・土方隆行
    • 1サビ、1メロ、2サビという構成で、2分半程度の短い曲である。アルバム「ココロに花を」とはミックス違いであるが、シングルとアルバムとのヴァージョン違いと言っても、「so many people」や「はじまりは今」のようにアレンジにはっきりとした違い(演奏楽器など)が無いため、ほとんど同じと言ってよいものである。シングルヴァージョンは「sweet memory〜エレカシ青春セレクション〜」に収録された。
  2. 四月の風(作詞・作曲:宮本浩次 / 編曲:宮本浩次・土方隆行)
    • 東芝マルチメディア 企業イメージCMソング、FM802 HEAVY ROTATION

1996年11月盤[編集]

  1. 悲しみの果て
    • グリコ「アーモンドチョコレート」CMソング(CMソングにこの曲が起用されたのは再発盤が発売されたころである)
  2. うれしけりゃとんでゆけよ (宮本プロデュースバージョン)(作詞・作曲・編曲:宮本浩次)
    • 「ココロに花を」収録曲の別アレンジ。
  3. 悲しみの果て (オリジナルカラオケ)