悲恋白書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
悲恋白書
岩崎宏美シングル
収録アルバム ウィズ・ベスト・フレンズ
B面 愛をどうぞ
リリース 1977年4月25日
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル ビクター音楽産業
作詞・作曲 作詞:阿久悠
作曲:大野克夫
チャート最高順位
  • 週間8位(オリコン
  • 1977年度年間80位(オリコン)
岩崎宏美 シングル 年表
想い出の樹の下で
(1977年)
悲恋白書
1977年
熱帯魚
(1977年)
収録アルバムウィズ・ベスト・フレンズ
悲恋白書
(1)
砂の慕情
(2)
テンプレートを表示

悲恋白書」(ひれんはくしょ)は、1977年4月にリリースされた岩崎宏美の9枚目のシングルである。規格品番SV-6193

解説[編集]

  • 岩崎のシングルとしては、初めて作曲筒美京平の手を離れた作品。また、このシングルより、担当ディレクターが飯田久彦に変更となった。
  • 1977年の第28回NHK紅白歌合戦で、宏美は本作を歌唱した。当初は同年大ヒットの「思秋期」を歌う予定だったが、曲が長く大幅なカット・アレンジを余儀なくされるため、この歌になったといわれる。[要出典]
  • この曲は、当初2種類の異なったメロディーが当てられていたが、曲調の明るい方が採用された。もう一方のメロディーには後に別の歌詞が当てられ、「メランコリー日記」というタイトルで、この翌月に発売になったアルバム『ウィズ・ベスト・フレンズ』に収録された。

収録曲[編集]

両楽曲とも、作詞: 阿久悠、作曲: 大野克夫、編曲: 萩田光雄

  1. 悲恋白書
  2. 愛をどうぞ

関連項目[編集]