悲観的並行性制御

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

悲観的並行性制御(ひかんてきへいこうせいせいぎょ、pessimistic concurrency control)とは、並行性制御ロック (情報工学))の手段の種別の一種である。悲観的ロックの概念である。他の処理と競合してはならないトランザクションにおいて、開始時に更新の抑止がされていないことを確認後(抑止されている場合は解除されるまで待機するか、エラーとして処理をあきらめる)他からの更新を抑止し(排他制御)、完了する際に抑止情報を解除する。対照的に楽観的並行性制御がある。

関連項目[編集]