情報処理隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

情報処理隊(じょうほうしょりたい、英語Intelligence Analysis)とは、陸上自衛隊の情報科部隊であり、中央情報隊隷下の情報処理隊と各方面総監の指揮監督を受ける「方面情報処理隊」に区分される。

設立経緯及び任務[編集]

隊員は地誌、語学能力等に長けた隊員で構成され、方面情報処理隊長は2等陸佐が充てられる。

情報処理隊が設立される前は、連隊内に編成された情報中隊小隊)、偵察隊等で収集していた情報が必ずしも上級・隣接部隊相互に流れていたわけではなかった。自衛隊の基本運用が統合運用体制へ移行する関係から、これらの部隊で収集した情報を方面単位で一括して処理、陸上幕僚監部及び方面隊間で相互に共有することで同体制及び即応態勢の強化を図る部隊の必要性から設立された。連隊以下の部隊(戦術レベル)で収集した情報をデータベース化・陸自指揮システムを介してリアルタイムで配信する。

陸上自衛隊では2005年(平成17年)3月新編の西部方面情報処理隊を皮切りに逐次方面情報処理隊の編制を行ってきたが、2010年(平成22年)からは方面情報処理隊を母体に既存の情報部隊を整理統合する形で方面情報隊(Army Military Intelligence)への改編を進めている(詳細は各記事を参照のこと)。方面情報隊長は防衛駐在官の経験を有する1等陸佐(二)が充てられ、方面情報隊本部及び無人偵察機隊、その他の部隊をもって組織される。

部隊編成[編集]

陸上総隊隷下の情報処理隊[編集]

中央情報隊情報処理隊

中央情報隊情報処理隊(ちゅうおうじょうほうたいじょうほうしょりたい)は、朝霞駐屯地に駐屯する情報科部隊で基礎情報隊及び国際平和協力活動部隊等(一部は情報本部)からもたらされた情報を処理する。

  • 2007年(平成19年)3月28日:中央情報隊隷下に情報処理隊を新編。
  • 2018年(平成30年)3月:上位部隊である中央情報隊の陸上総隊編入に伴い、防衛省市ヶ谷地区(市ヶ谷駐屯地)から朝霞駐屯地へ移駐。

方面情報処理隊[編集]

方面情報処理隊(ほうめんじょうほうしょりたい)は、方面総監部所在駐屯地に、方面情報処理隊が駐屯している。各方面隊の編成されていたが、北部、中部、西部方面隊の情報処理隊は増強され方面情報隊に改編された。

方面情報処理隊の一覧

方面情報処理隊の沿革

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
情報処理隊長 1等陸佐 山本幹二 2018年08月01日 陸上自衛隊情報学校主任教官
歴代の情報処理隊長
(1等陸佐(三))
氏名 在職期間 前職 後職
01 須田道夫 2007年03月28日 - 2008年11月30日 陸上自衛隊幹部学校 西部方面総監部調査部調査課長
02 笠松誠 2008年12月01日 - 2010年07月31日 陸上自衛隊研究本部研究員 陸上自衛隊幹部学校学校教官
03 若林賢 2010年08月01日 - 2012年03月31日 陸上自衛隊幹部学校付 中部方面情報隊
04 大岡耕太郎 2012年04月01日 - 2013年11月30日 陸上自衛隊幹部学校学校教官 陸上幕僚監部運用支援・情報部
情報課情報保全室長
05 小出昌典 2013年12月01日 - 2016年07月31日 陸上自衛隊研究本部研究員 情報本部勤務
06 中川修  2016年08月01日 - 2018年07月31日 陸上幕僚監部運用支援・情報部付 陸上自衛隊情報学校主任教官
07 山本幹二 2018年08月01日 - 陸上自衛隊情報学校主任教官

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ MAMOR2010年9月号の記事より
  2. ^ 防衛省人事発令(1佐職:2013/3/26付、2013/3/25閲覧)

関連項目[編集]