情報学群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

情報学群(じょうほうがくぐん、School of Informatics)は理工系の分野から社会科学まで含んだ情報に関する総合的・学際的な領域をあつかう学群、国内では筑波大学にのみ設置されている。英語名はSchool of Informaticsとしているが、情報に関する人間の活動まで包含し関わる諸科学の応用・連携を意味している。

筑波大学情報学群[編集]

筑波大学情報学群は情報や知識に関する幅広い学問領域を対象とする新しい学群として2007(平成19)年4月、開設。情報科学類,情報メディア創成学類,知識情報・図書館学類、の3つの学類からなる。

情報科学類(英:College of Information Science)は前身の第三学群情報学類が1977年に発足、2007年に情報科学類に移行した。専攻としてソフトウェアサイエンス主専攻、情報システム主専攻、知能情報メディア主専攻があり、情報科学をあつかう。

情報メディア創成学類(英:College of Media Arts, Science and Technology)は情報学群発足時に創設された学類で、画像・音声メディアインタラクティブシステムインターネットサイエンスネットワークメディア上での情報管理、共有、検索、発見ディジタルコンテンツの制作、表現アドバンスト・コンピューティング・エンジン認知科学など情報メディアをあつかっている。

知識情報・図書館学類(英:College of Knowledge and Library Sciences)は、知識科学主専攻、知識情報システム主専攻、情報資源経営主専攻がある。前身は図書館情報学を専門とする図書館情報大学で、1979年に設置された。同大学は2002年に筑波大学と統合され2003年度末に廃止。同大学図書館情報専門学群(図書館情報メディア系)と図書館情報メディア研究科(大学院)となる。その後情報学群発足により、知識情報・図書館学類となり現在に至る。

高知工科大学情報学群[編集]

知識の表現と利用、推論と学習、認識と理解、人と協調するシステムなどの教育・研究をめざす情報と人間専攻、CGや映像制作などの仕組み、ネットワーク技術、メディア情報システムのあり方からディジタルメディアエンジニア、映像制作関連、ソフトウェア開発など幅広い職種に道が開かれる情報とメディア専攻、新世代ネットワークシステムや、情報通信の性能を飛躍的に向上させる通信方式などの情報通信専攻、ハードウェアとソフトウェアの両面から情報工学を体系的に学ぶことで、情報システムの発展に寄与できる先導的 ICT(情報通信)技術者をめざすコンピュータサイエンス専攻の4専攻がある。

関連項目[編集]