情報技術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2005年に支出された情報技術の金額

情報技術(じょうほうぎじゅつ、: information technology、IT)とは、情報を取得、加工、保存、伝送するための科学技術のことである[1]

概要[編集]

米国ITAAの定義では、コンピュータをベースとした情報システム、特にアプリケーションソフトウェアやコンピュータのハードウェアなどの研究デザイン開発インプリメンテーションサポート[2]あるいはマネジメント[3]である。

「IT」という語は、2000年代に入ってから多用されるようになった用語であり(例えば、IEEEで「IT society(アイティー・ソサイエティー)」と略されるのは、情報理論: information theory)の専門部会である[4])、インターネット携帯電話携帯情報端末などや、それらをインフラとした各種のソフトウェアサービスなどといった、情報、特にコンピュータ関連の技術を広く指す用語として使われている。

なお、通信[5]を意識的に含める概念としては「情報通信技術」(じょうほうつうしんぎじゅつ、: information and communication(s) technology[6]ICT)という表現も使用されている。

情報技術を用いて構成されたシステム情報システムあるいはITシステムと呼ばれる。

情報技術に関連する工学・学問・技術[編集]

IT活用の具体例[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ e-words IT用語辞典
  2. ^ : technical support
  3. ^ ITAA.org, p30, Accessed March 3, 2008(2009年3月4日時点のアーカイブ
  4. ^ IEEE Information Theory (IT) Society Fellows”. 2010年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月12日閲覧。
  5. ^ : communication
  6. ^ 英語では…communications…が一般的(en:Information and communications technology)。通信の手段や方法は複数形が普通(プログレッシブ英和中辞典(第4版) communication)。ちなみに総務省の資料では複数が一般的だが、日本文のほか英文で単数を使用している例もある。
  7. ^ 日本の行政は、住民の利便性軽視で、いまだに転居(転出)申請の手続き、という簡単な手続きすらオンライン化しようとしない(それどころか、郵便での申請すら受け付けない)。日本の公務員たちは役所の建物内にいて「住民は、何が何でも(病気がちな人でも、高齢で脚が弱っていても、日中は超多忙なビジネスマンでも)ともかく、俺様たち役人がいる窓口まで来い。夕方5時までに。」というありさまである。何度でも説明するが、日本でも民間の電力会社やガス会社の手続きはオンライン化がすでに出来ていることからも判るように、技術的には簡単に実現できる。要は、日本の行政は、住民のためになること、住民が便利になることに関しては、興味が無く、たとえどれほど簡単に実現できることであっても、全くやる気が無い、(たとえ、技術的に簡単に実現できることでも、ともかく)住民のためには何もやりたくない、ということなのである。日本の行政がやりたいことは、あくまで役人や政治家にとって都合がよいことだけ、ということなのである。

関連項目[編集]

「IT」を含む語

その他