情報通信国際戦略局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

情報通信国際戦略局(じょうほうつうしんこくさいせんりゃくきょく)は、かつて存在した総務省の内部部局の一つである。

沿革[編集]

組織[編集]

  • 局長
    • 次長
      • 参事官(3人)[3]
        • 国際戦略企画官(2人)
        • 融合戦略企画官(1人)
      • 情報通信政策課
        • 管理室
        • 情報通信経済室
        • 調査官(1人)
      • 技術政策課
        • 研究推進室
        • 企画官(1人)
        • 国際共同研究企画官(1人)
        • 技術企画調整官(1人)
        • イノベーション推進官(1人)
      • 通信規格課
        • 企画官(1人)
        • 標準化推進官(1人)
      • 宇宙通信政策課
        • 宇宙通信調査室
        • 衛星開発推進官(1人)
      • 国際政策課
        • 国際広報官(1人)
      • 国際経済課
        • 多国間経済室
        • 企画官(1人)
      • 国際協力課
        • 国際展開支援室
        • 国際協力調査官(1人)

歴代局長[編集]

氏名 出身省庁 前職 就任年月日 後職
小笠原倫明 郵政省 情報通信政策局長 2008年(平成20年)7月4日 -
2010年(平成22年)1月15日
総務審議官(郵政・通信担当)
利根川一 郵政省 大臣官房審議官情報流通行政局担当) 2010年(平成22年)1月15日 -
2012年(平成24年)9月11日
内閣官房内閣審議官(内閣官房副長官補付)
内閣官房郵政民営化推進室長
郵政民営化委員会事務局長
桜井俊 郵政省 総合通信基盤局長 2012年(平成24年)9月11日 -
2013年(平成25年)6月28日
総務審議官(郵政・通信担当)
阪本泰男 郵政省 政策統括官(情報通信担当) 2013年(平成25年)6月28日 -
2014年(平成26年)7月22日
総務審議官(国際担当)
鈴木茂樹 郵政省 大臣官房総括審議官(広報、政策企画(主)担当) 2014年(平成26年)7月22日 -
2015年(平成27年)7月31日
内閣官房内閣審議官(内閣官房副長官補付)
内閣官房郵政民営化推進室郵政民営化統括官
山田真貴子 郵政省 内閣総理大臣秘書官 2015年(平成27年)7月31日 -
2016年(平成28年)6月17日
大臣官房長
谷脇康彦 郵政省 内閣官房内閣審議官内閣官房副長官補付)
内閣官房内閣サイバーセキュリティセンター副センター長
2016年(平成28年)6月17日 -
2017年(平成29年)7月4日
総務省政策統括官(情報セキュリティ担当)
今林顕一 郵政省 政策統括官(情報通信担当) 2017年(平成29年)7月4日 -
2017年(平成29年)9月1日
国際戦略局長

脚注[編集]

  1. ^ 総務省情報通信国際戦略局・情報流通行政局の再編
  2. ^ 総務省情報通信国際戦略局・情報流通行政局の再編
  3. ^ 2016年(平成28年)7月1日現在では、国際競争力強化戦略担当、通信・放送総合戦略担当、インターネット国際戦略担当の3人。