惇子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

惇子内親王(あつこ/じゅんしないしんのう、保元3年(1158年) - 承安2年5月3日1172年5月27日))は、平安時代末期の皇族伊勢斎宮後白河天皇の第5皇女で、母は坊門局(右大臣藤原公能)。堀河斎宮と呼ばれた。二条天皇高倉天皇以仁王らの異母姉妹。

仁安3年(1168年)8月27日内親王宣下を受け、同日伊勢斎宮に卜定される。翌嘉応元年(1169年)5月9日、一本御書所へ初斎院入り、同年9月27日野宮に遷る。同2年(1170年)9月10日、伊勢群行。承安元年(1171年)、不予のため母坊門殿が伊勢へ下向したが、翌2年(1172年)5月3日、御悩危急(急病)で斎宮寮頭の館に退下、同日15歳で薨去隆子女王に続き、在任中に伊勢で薨じた2人目の斎宮となった。

参考文献[編集]