惟明親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
惟明親王
続柄 高倉天皇第三皇子

全名 惟明(これあき)
称号 大炊御門宮、鳥羽三宮
身位 三品・親王
出生 治承3年(1179年
死去 承久3年5月3日1221年5月25日
配偶者 藤原公時
  源通資
子女 尊雲、聖海、国尊王(交野宮)
父親 高倉天皇
母親 平範子
テンプレートを表示

惟明親王(これあきしんのう)は、平安時代末期から鎌倉時代前期にかけての皇族高倉天皇の第三皇子。品位は三品。

経歴[編集]

寿永2年(1183年)に異母兄・安徳天皇平家の都落ちに伴って西国へ下った際、同じく異母兄の守貞親王皇太子に擬せられてこれに同行したことから、1歳年下の異母弟・尊成とともに皇嗣の有力候補となる。しかし、惟明は母親(平範子)の身分が低かったことに加え、皇嗣を定めるために後白河法皇が両皇子を引見した際、惟明は法皇を見て大いにむずかった一方で、尊成は法皇に睦んだことから、皇位は尊成が継いだという(後鳥羽天皇[1]

文治5年(1189年親王宣下を受け、建久6年(1195年)に後鳥羽天皇の生母・七条院(藤原殖子)の猶子となり元服して三品に叙せられる。承元4年(1210年)後鳥羽天皇の皇子・順徳天皇が即位すると、皇位継承の望みがなくなった不遇を儚んで、翌承元5年(1211年出家し、以後は聖円入道親王と名乗った。承久の乱直前の承久3年(1221年)5月3日薨去。享年43。

和歌に優れており、式子内親王藤原定家などの当代随一の歌人とも親交が深かった。『新古今和歌集』(6首)以降の勅撰和歌集に33首が収められている[2]

系譜[編集]

  • 父:高倉天皇
  • 母:平範子(少将局) - 平義範の娘
  • 妻:藤原公時の娘
  • 妻:源通資の娘
  • 妻:白河染殿僧都の娘[3]
    • 男子:尊雲 - 法印大阿闍梨
    • 男子:聖海 - 醍醐寺座主
    • 男子:国尊王[4](交野宮、片野宮) - 大智院
    • 孫:醍醐宮(大豊王) -国尊王の子
    • 孫:栗野宮(宇明王) -国尊王の子
    • 玄孫:高桑宮 -醍醐宮の子
    • 玄孫:ショウ王(尾崎宮) -醍醐宮の子
    • 玄孫:万寿(万寿宮) -醍醐宮の子

脚注[編集]

  1. ^ 『平家物語』
  2. ^ 『勅撰作者部類』
  3. ^ 『明月記』嘉禄元年4月26日条,嘉禄2年9月11日条
  4. ^ 『一代要記』

参考文献[編集]