愛が止まらない 〜ターン・イット・イントゥ・ラヴ〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
愛が止まらない 〜ターン・イット・イントゥ・ラヴ〜
カイリー・ミノーグシングル
初出アルバム『ラッキー・ラヴ
B面 Made In Heaven
リリース
規格 シングルレコード
ジャンル ポップ、フリースタイル
時間
レーベル PWL
作詞・作曲 ストック・エイトキン・ウォーターマン
プロデュース ストック・エイトキン・ウォーターマン
カイリー・ミノーグ シングル 年表
ノー・シークレット
(1988年)
愛が止まらない 〜ターン・イット・イントゥ・ラヴ〜
(1988年)
いつわりのハート
(1989年)
テンプレートを表示

愛が止まらない 〜ターン・イット・イントゥ・ラヴ〜」 (Turn It into Love) は、オーストラリアシンガーソングライターカイリー・ミノーグの楽曲である。

概要[編集]

1988年7月4日発売のデビューアルバム『ラッキー・ラヴ』から、日本限定で同年12月21日にシングルカットされた。この年の11月16日に発売されていたWinkによるカバーの効果もあってか[1]、日本の洋楽シングルチャートにて10週にわたり1位になるという記録的な大ヒットとなった。日本でのカイリーの代表曲の一つとして知られている。アルバム収録当初の邦題は「愛に走れ」だったが、後に改題されて今に至る。

1989年度の日本音楽著作権協会(JASRAC)発表による楽曲別の著作権使用料分配額(外国作品)では年間1位にランクインされ、1990年のJASRAC賞(外国作品賞)を受賞した[2]

なお、日本では、1988年9月24日に発売されたヘイゼル・ディーン英語版のヴァージョンが原曲だとされているが[要出典]、誤りである。詳しくは英語版記事「Turn It into Love」および「Hazell Dean」を参照。

トラック・リスト[編集]

  • レコード/CDシングル
  1. "Turn It into Love" – 3:35
  2. "Made in Heaven" – 3:24

カバー[編集]

  • ヘイゼル・ディーン(イギリスの女性歌手) - 1988年9月24日、EMIよりシングルとして発売。イギリスのシングルチャートでは最高21位を記録[3]
  • Wink - 1988年11月16日、ポリスターよりシングルとして発売。日本では1989年において62.95万枚を売り上げたヒット曲で、後には、西城秀樹を始めとして多数のWink版のカバーが派生しているほか、とんねるずによるパロディ曲「淋しい病気が止まらない」も世に出ている。詳しくは「愛が止まらない 〜Turn it into love〜」参照。
  • Echo (香港の女性デュオ)中国語版 - 広東語カバー。同言語でのタイトル「准許我愛你」。Echoのアルバム『准許我愛你』(香港・豐藝唱片、1990年3月)に収録。同アルバム『你是愛我還是需要我』(台湾・科藝百代、1991年)に北京語版を収める。
  • Yoo Yoo - Wink版のカバーではあるが、英語の原詞による歌唱であるため、原曲であるカイリー・ミノーグ版のカバーともなっている。1990年11月25日、ポリスターよりシングルとして発売。後に、Yoo Yooのアルバム『BEST OF WINK』(ポリスター、1991年11月25日)、同じく『WINK COLLECTION』(ポリスター、1992年9月26日)に収録。
  • Dream - 長谷部優が日本語詞を付し、ソロで歌唱。Dreamのアルバム『dream world』(avex trax、2003年2月26日)に収録。
  • ノエル・アクショテフランス語版英語版フランスギタリスト) - ギターインストゥルメンタル。ノエル・アクショテのアルバム『So Luckyフランス語版英語版』(Winter & Winterフランス語版英語版、2007年8月30日)に収録。
  • Same Difference英語版(イギリスの兄妹デュオ) - 同デュオのアルバム『Pop英語版』(Syco Records英語版、2008年12月1日)に収録。
  • GILLE - Wink版のカバーではあるが、英語の原詞による歌唱であるため、原曲であるカイリー・ミノーグ版のカバーともなっている。GILLEのアルバム『I AM GILLE. 3 ~70's&80's J-POP~』(UNIVERSAL J、2014年4月9日)に収録。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「『Sexy Music』がチャート一位独走!! 今明かされる連続№1ヒットの秘密 なぜWINKが止まらない」(『スコラ』1990年5月10日号)pp.172-173。
  2. ^ 「1位で 飲む「酒よ」 ロック系の作品も善戦 著作権使用料ベスト10」(『朝日新聞』1990年6月14日付夕刊第17面、『朝日新聞縮刷版』1990年6月号p.683)。
  3. ^ "Hazell Dean", Official Charts、2019年7月9日閲覧。