愛してるよ、カズ”君はママの宝物でした 〜小児ガン・命の記録〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

"愛してるよ、カズ" 君はママの宝物でした〜小児ガン・命の記録〜2007年3月5日に「テレメンタリー」(ANNテレビ朝日系列)で放送され、2008年3月4日テレビ朝日系列の19:00 - 19:54(JST)で放送された特別番組である。長崎文化放送の制作。

概要[編集]

1999年3月、長崎県に暮らす光武夫妻の長男として誕生した上総(かずさ)、通称「カズ」。カズは2歳の頃から横紋筋肉腫という病と闘っていた。長期にわたる治療、入院に耐え、希望を持って病に立ち向かっていたが、再発を繰り返し、ついに「MDS」(骨髄異形成症候群)を併発してしまう。そして小学校1年生の2006年1月、6歳にして「余命2カ月」の宣告を受ける。

光武夫妻は葛藤の末、延命治療ではなく「残された時間で楽しいことを全てさせる」ことを決意し、 残された時間を輝く思い出で彩っていった。 小学校2年生の2006年12月、家族全員に看取られ、カズは7歳でこの世を去った。 告別式の夜、新たな命が誕生した。カズが待ち望み、熱望した新しい命であった。名前はカズが「花香(はなこ)」とつけた。

限りある生の輝き、旅立ち、新たな命の誕生を追ったドキュメンタリー。

テレメンタリー放送後、大反響を呼び、テレビ朝日系列の「ものづくりネットワーク大賞」を受賞。そして今回新たな取材を加え、2008年3月4日には特別番組で放送された。

このようなドキュメンタリーがゴールデン枠の特番で放送されるのは極めて異例。

母親・綾(りょう)が執筆した手記と番組DVDのセットが2008年4月に発売されている(番組内容は2007年に放送したローカル55分版)。