愛す

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
愛す
クリープハイプシングル
B面 キケンナアソビ
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル インディー・ロック
オルタナティヴ・ロック
時間
レーベル ユニバーサルシグマ
作詞・作曲 尾崎世界観
チャート最高順位
クリープハイプ シングル 年表
イト
(2017年)
愛す
(2020年)
ミュージックビデオ
「愛す」 - YouTube
テンプレートを表示

愛す」(ブス[2])は、クリープハイプのメジャー12枚目のシングル2020年1月22日ユニバーサルミュージックジャパンより発売された。

概要[編集]

前作「イト」以来3年ぶりのリリースとなる。

尾崎世界観は表題曲を制作した意図ついて、「(現メンバーでの活動開始から)10年という節目のタイミングで原点に立ち返るのではなく、まだ僕たちの音楽が届いていないところに届けたかった」としており、今までにないアレンジへの挑戦が試みられている[3]。 また、曲名の読み方でもあり、歌詞にも度々登場する「ブス」というキーワードについて、「その言葉が持つシビアさに迷いもあったんですけど、メロディにもハマったので入れようと決意しました。ネガティブな言葉に対して、『こういうことを言う人がいるから傷つく』とか『そんなこと言わなくてもいいのに』と、嫌悪感を抱く人もいるかもしれない。でも、“逆に”が成り立つ関係性を見つめたかったんです。」と語っている[3]

カップリング曲の「キケンナアソビ」はフジテレビお笑いバラエティ番組ウケメン』のエンディングテーマ[4]

アートワーク・パッケージ[編集]

シングルのアートワークは映像作家のTAO TAJIMAが担当した。初回限定盤にはDVD『2019年11月16日』が同梱される。DVDには2019年11月16日に下北沢CLUB Queで行われたライブより厳選した10曲のライブ映像と、メンバーが現メンバーでの活動開始からの10年間を振り返るドキュメンタリーが収録されている[4]

ミュージックビデオ[編集]

ミュージックビデオは、NHKみんなのうた」で2018年2月・3月のうたとして放送された「おばけでいいからはやくきて」(アルバム『泣きたくなるほど嬉しい日々に』収録)のアニメーションを製作したAC部が手掛けており、『ベイビーメイビー』というタイトルのSFアニメの体裁となっている[5]

収録曲[編集]

CD[1]
全作詞・作曲: 尾崎世界観
#タイトル作詞作曲・編曲編曲時間
1.「愛す」尾崎世界観尾崎世界観村瀬和広
2.「キケンナアソビ」尾崎世界観尾崎世界観 
DVD『2019年11月16日』(初回限定盤のみ)[1]
  1. けだものだもの
  2. グレーマンのせいにする
  3. ボーイズENDガールズ
  4. クリープ
  5. 5%
  6. イノチミジカシコイセヨオトメ
  7. 私を束ねて
  8. 身も蓋もない水槽
  9. 二十九、三十

脚注[編集]

[ヘルプ]
  • 「愛す」 - クリープハイプ オフィシャルサイト