愛と喝采と

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
愛と喝采と
ジャンル テレビドラマ
放送時間 木曜日22:00〜22:54(54分)
放送期間 1979年4月12日〜1979年7月6日(13回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 竹之下寛次、柳井満、大岡進
脚本 岡本克己
プロデューサー 柳井満
出演者 十朱幸代渡瀬恒彦名取裕子岸田智史上條恒彦中山麻理加賀まりこ ほか
オープニング Tinna『もうひとつの心』
テンプレートを表示

愛と喝采と』(あいとかっさいと)は、TBS系列の「木曜座」(毎週木曜日22:00 - 22:54)の枠で、1979年昭和54年)4月12日から同年7月6日まで放送されていたテレビドラマ。全13話。

概要・内容[編集]

[1]

元歌手で音楽プロダクションの社長を務める町田千恵は、自分が果たせなかった夢を後進に託すべく、スター歌手育成に全てを賭けていた。そしてその夢を新人歌手・武井吾郎に託すこととなる。吾郎は後に作られた人気に反発して一人で自分の道を進んで行こうとするが…。作曲家の北川薫、レコーディングディレクターの林、吾郎に対し愛を抱く千恵の妹・広子、薫の同棲相手・百合子ら様々な人々が、千恵の熱意に動かされていく…。音楽界を背景にして、万雷の喝采を求めて追い続ける千恵のその熱意と吾郎を売り出すプロセスを中心軸に描いた。

本作と連動して歌手・岸田智史をセールスするキャンペーンも行われた。当時一般知名度の低かった岸田を起用し挿入歌で劇中歌となった「きみの朝」のレコードをドラマ放送の1か月前に発売するなど、現実とドラマをシンクロさせることを狙った意図的な戦略が功を奏し、「きみの朝」は現実世界でもTBSの番組『ザ・ベストテン』の上位にランクインするなどヒット曲かつ岸田の代表曲となった[2]。他には、「ガール」(岸田のアルバム『モーニング』収録)が劇中歌として使用され、『ザ・ベストテン』も劇中番組として登場した[3]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • プロデューサー:柳井満
  • 脚本:岡本克己
  • 演出
  • 制作著作:TBS

主題歌・挿入歌[編集]

主題歌
挿入歌

参考文献[編集]

  • 「ことしの紅白歌合戦は大あわて?! テレビドラマの主題歌が軒並みヒットする事情」『サンデー毎日』1980年5月11日号、106-108頁。

関連項目[編集]

  • あなたもスターになりますか
    1987年に同じTBSで放映されたテレビドラマ。同じく新人歌手を売り出すプロセスストーリーであった他、柳井満プロデュースで岸田智史出演、『ザ・ベストテン』が劇中番組として登場したことも共通。)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 参考:毎日新聞朝日新聞読売新聞 各縮刷版(1979年4月~7月)・テレビドラマデータベース・『1980年代全ドラマクロニクル』(TV LIFE学研パブリッシング)編集部編)
  2. ^ 『サンデー毎日』1980年5月11日号、106頁。
  3. ^ Sponichi Annex 2011年6月18日「【1979年6月】きみの朝/ドラマか?現実か?岸田智史 同時進行で大ヒット」
TBS 木曜座
前番組 番組名 次番組
たとえば、愛
(1979.1.11 - 1979.4.5)
愛と喝采と
(1979.4.12 - 1979.7.6)
水中花
(1979.7.13 - 1979.10.4)