愛のセレブレイション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
愛のセレブレイション
ピーボ・ブライソン&ロバータ・フラックシングル
初出アルバム『愛に生きて
B面 愛に生きて
リリース
規格 7インチ・シングル
ジャンル R&Bソウルポップス
時間
レーベル キャピトル・レコード
作詞・作曲 ジェリー・ゴフィンマイケル・マッサー
プロデュース マイケル・マッサー
チャート最高順位
テンプレートを表示

愛のセレブレイション」(原題:Tonight, I Celebrate My Love)は、ピーボ・ブライソンロバータ・フラックのデュエットにより1983年に発表された楽曲。作詞・作曲はジェリー・ゴフィンマイケル・マッサーにより、マッサーはプロデュースも担当した[7]

反響・影響[編集]

ブライソンとフラックのデュエット・アルバム『愛に生きて』からの第1弾シングルとしてリリースされ、両名の母国アメリカではBillboard Hot 100で16位、『ビルボード』のアダルト・コンテンポラリー・チャートで4位、R&Bシングル・チャートで5位を記録[5]。また、全英シングルチャートでは14週トップ100入りして最高2位を記録し、フラックの関連シングルとしては3年ぶりの全英トップ10ヒットとなった[5]。ノルウェーのシングル・チャートでは合計5週トップ10入りし、最高8位を記録[2]

日本ではブリヂストンREGNO[8]キリン氷結[9]コマーシャルソングに使用され、EMIミュージック・ジャパンから2010年に発売されたコンピレーション・アルバム『ロコ・モーション! TV HITS for Happy Days』にも収録された[9]

日本では小柳ルミ子大澄賢也が結婚披露宴で踊った曲としても知られる[10]

本作は2015年、『デイリー・テレグラフ』紙によって「1980年代のベスト・ラヴ・ソング50」の一つに選出された[11]

カヴァー[編集]

脚注[編集]