愛の別れ道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
愛の別れ道
ジャンル テレビドラマ
放送時間 木曜日22:00〜22:54(54分)
放送期間 1982年1月7日〜1982年2月25日(8回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 毎日放送
演出 山本和夫
脚本 窪田篤人
プロデューサー 飯島敏宏、山田尚、阿部祐三
出演者 古谷一行浜木綿子ジュディ・オング松尾嘉代津川雅彦 ほか
オープニング ジュディ・オング『滴のように』
テンプレートを表示

愛の別れ道』(あいのわかれみち)は、毎日放送の制作により、TBS系列の「木曜座」(毎週木曜日22:00 - 22:54)の枠で、1982年昭和57年)1月7日から同年2月25日まで放送されていたテレビドラマ。全8話。

概要[編集]

公私共に傷付いていたり気まずい関係に陥っていたりするエリート会社員・三沢悠一と、彼を巡る妻・亜矢子ら3人の女性。彼らが自分たちの愛を追い求めるその姿と愛の本音などを描いた作品。

ある雨の日、大手建設会社「大東建設」に勤める悠一が車を運転していると、目の前にガウンを着た藤川千春が救いを求めるように現れた。悠一は千春に惹かれるものを感じ、その日は千春を近くのホテルに送っていっただけで帰路についたが、いつしか二人は不倫関係に…。悠一は中東出張以来、妻・亜矢子とは気まずい関係になっていた。そして、悠一の後輩の姉・小宮夏子ともプラトニック・ラブの関係になる…[1]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

サブタイトル[編集]

  1. 1982年1月7日 「寒い朝突然に」
  2. 1982年1月14日 「それは甘い残酷」
  3. 1982年1月21日 「ぜったい秘密」
  4. 1982年1月28日 「美しい罪の匂い」
  5. 1982年2月4日 「女の誇りは涙色」
  6. 1982年2月11日 「寝化粧のドキュメント」
  7. 1982年2月18日 「白薔薇の浅い眠り」
  8. 1982年2月25日 「春を待つ日々」

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 参考:毎日新聞朝日新聞読売新聞北海道新聞京都新聞 各縮刷版(1982年1月~2月)、『1980年代全ドラマクロニクル』(TV LIFE学研パブリッシング)編集部編)
TBS 木曜座
前番組 番組名 次番組
いつか黄昏の街で
(1981.10.1 - 1981.12.24)
愛の別れ道
(1982.1.7 - 1982.2.25)
さりげなく憎いやつ
(1982.3.4 - 1982.5.27)