愛まで待てない (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
愛まで待てない
沢田研二シングル
初出アルバム『愛まで待てない
B面 君をのせて 1990 version
リリース
規格 8cmCDシングル
ジャンル ロック
レーベル 東芝EMI/イーストワールド
作詞・作曲 作詞:覚和歌子
作曲:吉田光
チャート最高順位
沢田研二 シングル 年表
あんじょうやりや
1995年
愛まで待てない
(1996年)
オリーヴ・オイル
1997年
テンプレートを表示

愛まで待てない」(あいまでまてない)は、日本歌手沢田研二の61作目のシングル

1996年9月6日東芝EMIのイーストワールドレーベルより発売された。

解説[編集]

  • 沢田のデビュー30周年記念作品で、同年発売のアルバム『愛まで待てない』先行シングル。ジャケットに「30th JULIE KENJI SAWADA 1966-1996」というロゴが特記されている。
  • この楽曲は沢田のシングル史上最もBPMが早い。当時のインタビューでは、吉田光(DER ZIBET)が作った原曲はもっと遅いものだったが、沢田の要望でどんどんBPMを上げていった結果、このようなハイテンションナンバーになったという。ただしメロディーはそのままで、あくまでBPMを上げたのみとのこと(そのため作曲者名は吉田のみのままになっている)。
  • この楽曲は沢田本人が「歌っていて気持ちがいい」という理由でライブでも演奏される機会が多いが、その際はイントロからアウトロの終わりまで、演奏中常にステージを端から端まで走りながら歌い上げるというパフォーマンスを披露している。なお同様のパフォーマンスは「ウィンクでさよなら」や「君のキレイのために」(『耒タルベキ素敵』)などいくつかの楽曲でも見られる。
  • カップリング曲はソロデビュー曲のリメイクで、クレジットの年号にCMソングに起用されたバージョンの音源化。

収録曲[編集]

  1. 愛まで待てない
    作詞:覚和歌子、作曲:吉田光、編曲:白井良明
  2. 君をのせて 1990 version
    作詞:岩谷時子、作曲:宮川泰、編曲:吉田建

関連項目[編集]