愛よ人類と共にあれ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
愛よ人類と共にあれ
前篇 日本篇 / 後篇 米国篇
監督 島津保次郎
脚本 村上徳三郎
製作総指揮 大谷竹次郎
城戸四郎
出演者 上山草人
鈴木傳明
岡田時彦
撮影 桑原昴
長井信一
製作会社 松竹蒲田撮影所
配給 日本の旗 松竹キネマ
公開 日本の旗 1931年4月17日
イタリアの旗 2010年10月4日
ポルデノーネ無声映画祭
上映時間 現存 241分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

愛よ人類と共にあれ』(あいよじんるいとともにあれ)は、1931年(昭和6年)製作・公開、松竹蒲田撮影所製作、松竹キネマ配給、島津保次郎監督による日本サイレント映画である[1][2]。『前篇 日本篇』(ぜんぺん にほんへん)と『後篇 米国篇』(こうへん べいこくへん)から成り、同年4月17日に両篇一挙公開された[1][2]

略歴・概要[編集]

本作は、1931年、松竹蒲田撮影所(のち大船に移転、現存せず)が製作、松竹キネマ(現在の松竹)が配給して、同年4月17日、東京・浅草公園六区帝国館(現存せず)を皮切りに、両篇一挙公開された合計4時間を超える巨篇である[1][2]アメリカ合衆国でのロケーション撮影を行った『後篇 米国篇』では、同国のヴォードヴィリアンであり俳優であるマック・スウェインらが出演している[2][3]。撮影日数丸2年、使用ネガ20万フィート、出演者延人数8万人という、蒲田始まって以来の大作で興行成績はそれなりだったが、冗長すぎるという評価を受けた[4]

本作のスタッフクレジットに「監督協力者」として豊田四郎吉村公三郎らが名を連ねているスタッフは、必ずしも演出部ではなく、畔柳勝治は撮影事務であり[5]、鈴木・新井両名については不明である[1][2]

現在、東京国立近代美術館フィルムセンターは、本作の241分の上映用35mmプリントを所蔵している[6]。日本でのビデオグラム発売はない[7]

2010年(平成22年)10月2日 - 同9日にイタリアポルデノーネで開かれた第29回ポルデノーネ無声映画祭において、島津保次郎、清水宏牛原虚彦を特集したプログラム「松竹の三巨匠」の1作として、同4日に上映され[8]、無声映画伴奏者の柳下美恵が4時間を弾ききり、スタンディング・オベイションを受けた[9]

スタッフ・作品データ[編集]

  • 提供 : 大谷竹次郎城戸四郎 [6]
  • 監督 : 島津保次郎
  • 原作・脚色 : 村上徳三郎
  • 撮影 : 桑原昴、長井信一
  • 配光(照明) : 渡木茂一、高下義雄
  • 美術 : 脇田世根一、河野鷹思
  • 舞台装置 : 西玄三、滝沢藤三郎、川村芳太郎、川崎作太郎、川崎恒次郎、橋本庄太郎
  • 監督協力者 : 豊田四郎、鈴木文雄、新井勝治、吉村公三郎、畔柳勝治
  • 撮影協力者 : 三浦光男、寺尾清、日向清光、藤井慎一、小倉金弥、田中武三、松永喜市
  • タイトル : 藤岡秀三郎
  • 現像焼付 : 増谷麟、納所歳巳、阿部鉉太郎

キャスト[編集]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e 愛よ人類と共にあれ 前篇 日本篇、日本映画データベース、2010年10月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 愛よ人類と共にあれ 後篇 米国篇、日本映画データベース、2010年10月7日閲覧。
  3. ^ Ai yo jinrui to tomo ni are - Zenpen: Nihon hen, Internet Movie Database (英語), 2010年10月8日閲覧。
  4. ^ 「上山草人年譜稿4 : 谷崎潤一郎との交友を中心に」細江光
  5. ^ 畔柳勝治、日本映画データベース、2010年10月8日閲覧。
  6. ^ a b c 愛よ人類と共にあれ東京国立近代美術館フィルムセンター、2010年10月8日閲覧。
  7. ^ 愛よ人類と共にあれ 前篇 日本篇 / 後篇 米国篇、allcinema ONLINE, 2010年10月8日閲覧。
  8. ^ 2010 Catalogo (イタリア語) / (英語), ポルデノーネ無声映画祭、2010年10月8日閲覧。
  9. ^ 2010年10月05日 蒲田ウェスタン、岡田秀則 (東京国立近代美術館フィルムセンター)、2010年10月8日閲覧。