愛北病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 愛北病院
情報
許可病床数

317床
一般病床:243床



結核病床:20床


療養病床:54床
開設者 愛知県厚生農業組合連合会
開設年月日 1935年昭和10年)1月
所在地
愛知県江南市布袋町南253番地
位置 北緯35度19分3.5秒
東経136度52分9.1秒
座標: 北緯35度19分3.5秒 東経136度52分9.1秒
PJ 医療機関
テンプレートを表示

愛北病院(あいほくびょういん)は、愛知県江南市布袋町にかつて存在した、JA愛知厚生連(愛知県厚生農業組合連合会)が運営する病院全国厚生農業協同組合連合会の病院の一つ。愛知厚生連愛北病院ともいう。

概要[編集]

  • 愛知県尾張北部医療圏の北部地域(江南市、丹羽郡大口町扶桑町犬山市など)の急性期医療を担う中核病院であり、江南市布袋町の江南保健所の近隣にあった。市民病院のない江南市において、市民病院的な役割を担っていた。
  • 設備の老朽化が問題となっており、2008年(平成20年)5月7日より江南市野白町(旧・古知野町)にあった昭和病院愛北病院とが統合され、江南市高屋町の江南厚生病院に移転した。布袋地区の人の交通の便をはかる目的で、布袋駅前から江南市役所前・江南駅前経由江南厚生病院行きの名鉄バスが運行されている。
  • 現在その跡地は積水ハウスの分譲地等になっている。

診察科[編集]

14科ある

沿革[編集]

  • 1935年昭和10年) 1月 - 医療利用購買組合愛北病院として開院。
  • 1943年(昭和18年) 6月 - 愛知県信用販売購買利用組合連合会へと移管する。
  • 1943年(昭和18年)12月 - 愛知県農業会へと移管する。
  • 1948年(昭和23年) 8月 - 経営を愛知県厚生農業協同組合連合会へと移管する。
  • 2008年平成20年) 5月 - 昭和病院と統合し、江南厚生病院に改称、江南市高屋町大松原137番地に新築移転。

交通アクセス[編集]

JA愛知厚生連の病院[編集]

2014年11月に尾西病院から改称