愛媛わんわん村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
愛媛わんわん村
Ehime Bowwow Village
施設情報
愛称 バウワウビレッジ
前身 足立の庄
テーマ
事業主体 株式会社ファーム
管理運営 セラピー
面積 98000平米
来園者数 約10万人(2002年度)
開園 2002年4月6日
閉園 2006年8月31日
所在地 愛媛県温泉郡重信町下林丙174-1
(現:東温市下林174-1)[1]
テンプレートを表示

愛媛わんわん村(えひめわんわんむら)は、かつて愛媛県東温市にあったテーマパークである。ファームが開設した。愛称は「バウワウビレッジ[1]

概要[編集]

元々は足立の庄と呼ばれる高畠華宵の作品を収集した大正ロマンをテーマにしたテーマパークであったが2001年に閉鎖され、2002年に愛媛わんわん村としてリニューアルされた[2]。足立の庄に併設されていた高畠華宵大正ロマン館は別施設として運営が継続された[2]

四国初の犬のテーマパークとして2002年4月6日にオープン。マルチーズやトイプードルなど40種類・約200匹の犬を展示[3](出典によっては50種類150匹とも[4])。敷地面積は98000平米あった[2]。敷地はファームが所有し、運営は高松市のセラピーが行った[2]

設備[編集]

ドッグレースやお散歩コーナーを備え、「犬と触れ合える施設」としてブリーダーから愛犬家まで人気を集めた。犬の障害物走やフリスビーショーなどがある「わんわんショー」がテーマパークのメインであった[4]。「展示犬&おさんぽ犬」コーナーでは、世界の珍しい犬種の展示や散歩犬の貸出しを行った[4]。プロのトリマーによる「わんわん美容室」や、犬の宿泊施設、子犬の販売コーナーも設けられた[4]

閉鎖[編集]

年間15-16万人の集客を見込んでいたが[4]、年間入場者数は初年度の10万人を機に減少、セラピーとの契約は5年間であったが、契約を更新しないことを決定し2006年8月31日で閉鎖された[2]。ファームは、500戸の分譲住宅となるとして、2012年より住宅地として分譲する方針としていたが[2]、2019年現在は荒地や工場用地などとなっている。

近隣施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b スタッフルーム 4月 (2002年4月22日). “GWおすすめプレイスポット わんわん村(愛媛県重信町)”. Powerful Radio パワラジ!. エフエム香川. 2013年5月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e f わんわん村来月閉園 ファーム 跡地を宅地開発へ 東温 2006.07.05 愛媛新聞 朝刊 経一 (全484字)
  3. ^ あさ630 (2006年1月6日). “愛媛わんわん村”. 四国放送. 2013年5月26日閲覧。
  4. ^ a b c d e 「犬のテーマパーク」あすオープン 家族の“きずな”感じて 重信 2002年04月05日 愛媛新聞 朝刊 中予 (全561字)