愛媛大学医学部附属病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 愛媛大学医学部附属病院
Ehime University Hospital 20180716.JPG
情報
英語名称 Ehime University Hospital
標榜診療科 内科、循環器科、精神科、小児科、外科、心臓血管外科、脳神経外科、整形外科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、産婦人科、麻酔科(救急部以外)、歯科口腔外科、麻酔科
許可病床数

606床
一般病床:566床


精神病床:40床
機能評価 一般500床以上:Ver5.0
開設者 国立大学法人愛媛大学
管理者 三浦裕正(院長)
開設年月日 1976年5月10日
所在地
791-0295
位置 北緯33度48分10.6秒
東経132度52分47.6秒
二次医療圏 松山
特記事項 がん診療連携拠点病院、特定機能病院、エイズ治療拠点病院、愛媛県災害拠点病院
PJ 医療機関
テンプレートを表示

愛媛大学医学部附属病院(えひめだいがくいがくぶふぞくびょういん)は、国立大学法人愛媛大学医学部附属の大学病院

愛媛県東温市に立地し[1]愛媛県にある唯一の大学病院である。

特定機能病院がん診療連携拠点病院エイズ治療拠点病院愛媛県災害拠点病院に指定されている。

年表[編集]

周辺[編集]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 前田智 (2017年2月12日). “エボラ治療施設、完成 愛媛大病院、1類感染症に対応”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 愛媛全県版 
  2. ^ 宮田裕介 (2017年1月31日). “県内初ドクターヘリ、あすから運航 県全域、30分以内で”. 朝日新聞 (朝日新聞社 page = 朝刊 愛媛全県版)