愛媛師範学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

愛媛師範学校 (えひめしはんがっこう) は新制愛媛大学教育学部の前身の一つとなった師範学校である。

沿革[編集]

愛媛県立期[編集]

旧旧・愛媛県師範学校、愛媛県伊予師範学校[編集]

  • 1876年8月21日: 愛媛県師範学校設立。
    • 温泉郡松山二番町52番地 (現・松山市)。
    • 修業年限2年、入学資格は当初16歳~40歳。
  • 1876年9月7日: 開校式挙行。
  • 1876年11月10日: 愛媛県伊予師範学校と改称。
  • 1877年2月: 附属小学校を設置 (1879年、一時閉鎖)。
  • 1877年3月: 愛媛県内各所に講習所を設置 (現職教員の再教育機関)。

旧・愛媛県師範学校[編集]

  • 1877年11月15日: 愛媛県讃岐師範学校を吸収し、愛媛県師範学校と改称。
    • 従来の本科を漸成科と改称 (2年制)。急成科 (半年制) を新設。
  • 1879年5月: 高等師範生 (3年制)・師範生 (1年制) に改編。
  • 1882年9月29日: 師範学校教則大綱に準拠。
    • 初等師範学科 (1年)・中等師範学科 (1年半)・高等師範学科 (3年) を設置。
  • 1883年10月: 附属小学校を再開設。
  • 1886年5月: 附属幼稚園仮開設 (1897年3月廃止)。

愛媛県尋常師範学校[編集]

愛媛県師範学校[編集]

  • 1900年2月27日: 師範教育令により愛媛県師範学校と改称。
    • 本科・小学校教員講習科・幼稚園保姆講習科を設置。
  • 1900年4月: 女子部を再開 (3年制)。
  • 1905年: 生徒によるストライキ事件発生。
    • 教諭転任に絡み校長排斥運動に発展。7月10日、生徒ら無期停学処分。10月1日、生徒ら復校。
  • 1908年2月13日: 師範学校規程に準拠し、学則改正。
    • 男子部: 本科第一部 (4年制)・本科第二部 (1年制。中学卒対象) を設置。
    • 女子部: 本科第一部 (4年制)・本科第二部 (2年制。高女卒対象) を設置。
    • 予備科 (1年制。高小卒対象)・小学校教員講習科を附設。
  • 1910年4月: 女子部を愛媛県女子師範学校として分離。
  • 1912年: 校歌制定。『行方も知らず流れ去る』 (鈴木重太郎 作詞作曲)。
  • 1912年11月11日: 「修養会事件」 発生。
    • 本科4年生、夜間に 「修養会」 と称して不良生徒に鉄拳制裁。29名停学処分。
  • 1925年7月31日: 予備科を廃止。本科第一部を 5年制に延長 (高小卒対象に変更)。
  • 1926年5月25日: 専攻科 (1年制) を設置。
  • 1930年: 郷土館を開設。
    • 1931年4月に第二郷土館、1932年6月に第三郷土館を増設。
    • 展示内容は、第一 (歴史・国語)・第二 (博物)・第三 (地理・実業)。
  • 1931年4月: 本科第二部を 2年制に延長 (第二部は完全私費制に)。

旧・愛媛県女子師範学校、愛媛県女子師範学校[編集]

  • 1877年4月11日: 愛媛県讃岐師範学校 (高松) に女子師範学科を設置 (満14歳以上対象)。
  • 1877年11月15日: 合併により愛媛県師範学校女子師範学科となる (第四大区 [香川] 講習所内)。
  • 1878年1月: 愛媛県女子師範学校として独立。
  • 1879年5月: 生徒僅少につき廃校。
  • 1887年6月: 愛媛県尋常師範学校 (松山) に女子部を設置 (3年制)。
  • 1891年12月: 女子部廃止。
  • 1899年1月: 愛媛県尋常師範学校、女子専科講習生を募集 (講習期間3ヶ月)。
  • 1900年4月1日: 愛媛県師範学校女子部再開 (3年制)。
  • 1908年2月: 本科第一部を 4年制に延長。本科第二部を新設。
  • 1909年7月14日: 愛媛県女子師範学校設置認可。
  • 1910年4月1日: 愛媛県女子師範学校開校 (愛媛県師範学校から女子部が独立)。
  • 1910年10月: 温泉郡三津浜町 (現・松山市須賀町) の新築校舎に移転。
  • 1911年3月: 附属小学校を設置。
  • 1912年3月: 附属幼稚園・小学校教員講習科 (2年制、1930年廃止) を設置。
  • 1918年3月: 校歌制定。『白帆は行き交う』 (籏持匡 作詞)。
  • 1919年4月: 本科第二部を 1年制に短縮。
  • 1921年4月: 裁縫講習科を設置 (1年制、1931年廃止)。
  • 1925年7月: 予備科を廃止、本科第一部を 5年制に延長 (高小卒対象に変更)。
  • 1926年5月: 専攻科 (1年制) を設置。

官立期[編集]

愛媛師範学校[編集]

  • 1943年4月1日: 愛媛県師範学校・愛媛県女子師範学校を統合し、官立愛媛師範学校設置。
    • 旧愛媛県師範学校校舎に男子部、旧愛媛県女子師範学校校舎に女子部を設置。
    • 本科 (3年制、中等学校卒対象)・予科 (2年制、高小卒対象) を設置。
  • 1945年7月26日: 空襲で男子部・同附属国民学校全焼。
  • 1945年9月: 女子部校舎等に分散して授業再開。
    • 男子部本科: 女子部校舎。男子部予科: 太山寺通夜堂・宿坊および付近の公会堂。
  • 1946年2月: 予科を 3年制に延長。
  • 1947年: 男子部、松山市城北 (現・文京町) の旧陸軍歩兵第22連隊練兵場跡に移転。
  • 1948年: 女子部も城北地区に移転。
  • 1949年5月31日: 新制愛媛大学発足。
    • 青師と共に教育学部の母体として包括された。
  • 1949年7月: 松山市より産業復興大博覧会 (同年3月-5月、城北地区で開催) の元展示棟が引き渡される。
  • 1950年11月: 旧女子部校地を警察予備隊に転用。
  • 1951年3月: 旧制愛媛師範学校、廃止。

歴代校長[編集]

愛媛県師範学校(前身諸校を含む)
  • 松本英忠:1876年8月 - 1877年10月
  • 檜垣直右:1877年11月 - 1883年7月
  • 山縣悌三郎:1883年7月 - 1883年9月
  • 岡本則録:1883年9月 - 1885年9月
  • 佐竹義和:1885年9月 - 1886年3月
  • 武田安之助:1886年3月 - 1886年7月
  • 佐竹義和:1886年7月 - 1887年8月
  • 遠藤宗義:1887年8月 - 1889年12月
  • 町田則文:1889年12月 - 1891年5月23日
  • 林吾一:1891年5月27日 - 1899年6月28日
  • 新原俊秀:1899年6月28日 - 1901年2月9日
  • 佐野川泰彦:1901年2月9日 - 1905年8月5日
  • 大石和太郎:1905年8月24日 - 1908年4月14日
  • 伊野宮茂長:1908年5月2日 - 1913年3月31日
  • 山路一遊:1913年3月31日 - 1923年3月
  • 浅賀辰次郎:1923年3月31日[1] - 1927年5月
  • 佐伯千尋:1927年5月 - 1935年3月
  • 宮澤健作:1935年3月 - 1939年8月
  • 林伝次:1939年9月 - 1943年3月
愛媛県女子師範学校
  • 塩谷伴造 [2]:1910年4月23日 - 1913年10月23日
  • 太田藤一郎:1913年10月23日 - 1920年4月
  • 豊田五郎:1920年4月 - 1930年9月
  • 三神竹三郎:1930年9月 - 1935年3月
  • 西岡源七:1935年3月 - 1941年4月
  • 武政房吉:1941年4月 - 1943年4月
官立愛媛師範学校
  • 佐伯千尋:1943年4月1日[3] - 1945年4月
  • 岩本茂一:1945年4月1日 - 1945年11月24日[4]
  • 山本隆一:1945年11月24日[4] - 1948年9月6日
  • 井上宮久:1948年9月6日 - 1951年3月
    • 新制愛媛大学教育学部 初代学部長

校地の変遷と継承[編集]

愛媛師範学校男子部

前身の愛媛県師範学校から引き継いだ松山市木屋町 (現・若草町4丁目) の校地を使用した。1945年7月の空襲で校舎を失い、同年9月の授業再開時は、空襲の被害を受けなかった女子部校舎や太山寺等を使用した。1947年、市内城北 (現・文京町) の旧陸軍歩兵第22連隊練兵場跡に教室2棟を設置し、女子部校舎との 2箇所で分散授業を行った (女子部も 1950年までに城北地区に移転完了した)。城北校地は後身の新制愛媛大学教育学部に継承された。現在、愛媛大学城北キャンパスには医学部・農学部を除く法文学部・教育学部・工学部・理学部が集中している。

旧木屋町校地の跡地は、現在は松山若草合同庁舎となっており、「愛媛教育草創之地」 碑が設置されている。

愛媛師範学校女子部

前身の愛媛県女子師範学校から引き継いだ松山市三津西須賀町 (旧・温泉郡三津浜町字梅田町新立小松原、現・松山市須賀町) の校地を使用した。1945年7月の空襲では被害を受けなかったが、第二次世界大戦終戦後、校舎を焼失した男子部が移転して来たため、同居状態となった。1947年に男子部が城北地区に一部移転したのに続いて、1948年から女子部も城北地区へ移転することになった。城北への移転は 1950年までに完了し、三津校地は同年11月に警察予備隊に引き渡された。現在、旧三津校地の跡は、松山西警察署となっている。

著名な出身者[編集]

関連文献[編集]

  • 作道好男・作道克彦(編) 『愛媛大学教育学部百年史』 教育文化出版教育科学研究所、1984年1月。
  • 官報

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第3199号、大正12年4月2日。
  2. ^ 「伊造」との表記もあるが、『官報』第8049号(明治43年4月25日)、『広島大学二十五年史』では「伴造」である。
  3. ^ 『官報』第4865号、昭和18年4月2日。
  4. ^ a b 『官報』第5664号、昭和20年11月28日。

関連項目[編集]