愛媛県サッカーリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

愛媛県社会人サッカーリーグ(えひめけんしゃかいじんサッカーリーグ)とは、全国の各都道府県にあるサッカー都道府県リーグのひとつ。愛媛県のクラブチームが参加するリーグである。

概要&レギュレーション[編集]

愛媛県サッカーリーグは2部構成となっている。1部・2部ともに1回戦総当たりで行う。

  • 1部(12チーム)
  • 2部(12チーム)

また、下位カテゴリとして東予・中予・南予の各地区リーグが存在する。

昇降格に関して[編集]

  • 1部リーグの優勝チームは四国リーグチャレンジチーム決定戦に進出する。ただし、大学サッカー連盟所属チームが優勝した場合は社会人最上位チームが繰り上げ出場となる。
  • 1部11位・12位は2部へ自動降格し、2部1位・2位は1部に自動昇格する。
  • 1部9位と2部4位、1部10位と2部3位はそれぞれ入替戦を行う。
  • 各地区リーグの上位チームのうち、県リーグ昇格を希望するチームによって県リーグチャレンジチーム決定戦(1回戦総当たり)を行う。上位2チームが2部11位・12位との入替戦を行う。

県リーグ(2019年度)[編集]

1部[編集]

2部[編集]

  • YAMAJI FC
  • ベンターナAC
  • サンクラブ
  • FC.HOPE
  • CLUB MATSUYAMA
  • 氷見クラブ
  • サースティー愛媛FC
  • 松山市役所
  • 愛媛大学法文サッカー部
  • 八幡浜FC
  • FDK蹴道
  • 西予FC

歴代優勝クラブ[編集]

1部[編集]

  • 2006年:松山大学
  • 2007年:松山大学
  • 2008年:愛媛大学
  • 2009年:K.F.C.ユナイテッド四国
  • 2010年:松山大学
  • 2011年:愛媛大学
  • 2012年:久枝FC
  • 2013年:愛媛大学
  • 2014年:松山大学
  • 2015年:松山大学
  • 2016年:松山大学
  • 2017年:聖カタリナ大学
  • 2018年:松山大学
  • 2019年:聖カタリナ大学
  • 2020年:新型コロナウイルスの影響によりリーグ戦中止[1]

2部[編集]

  • 2007年:丹原FC
  • 2008年:FCポポロ
  • 2009年:愛媛大学医学部
  • 2010年:砥部クラブ
  • 2011年:東レ愛媛SC
  • 2012年:新商クラブ
  • 2013年:松山クラブ2002
  • 2014年:八幡浜FC
  • 2015年:西予FC
  • 2016年:聖カタリナ大学
  • 2017年:鬼北TIGRINHO.FC
  • 2018年:FC宇和島
  • 2019年:FDK蹴道
  • 2020年:新型コロナウイルスの影響によりリーグ戦中止[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 代替大会として、10月18日より「ESL Cup」を開催。 1部から5チーム、2部から8チームの計13チームが3グループに分かれ1次リーグを行う。上位8チームが優勝決定トーナメントに進出。残る5チームは2nd Groupトーナメントを行い、最終順位を決定する。