愛媛県立松山西中等教育学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
愛媛県立松山西中等教育学校

過去の名称 愛媛県立松山西中学校・高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 愛媛県の旗愛媛県
学区 愛媛県中予地方
併合学校 愛媛県立松山西中学校・高等学校
中等教育学校への移行年月日 2006年4月
共学・別学 男女共学
課程 普通科
設置学科 普通科
学期 3学期制
中等教育学校コード 38157J
所在地 791-8016
愛媛県松山市久万ノ台1485番地4
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

愛媛県立松山西中等教育学校(えひめけんりつまつやまにしちゅうとうきょういくがっこう)は、愛媛県松山市にある県立中等教育学校

地理院地図 Googleマップ 愛媛県立松山西中等教育学校
Ehime Prefectural Matsuyama West Secondary school

沿革[編集]

特徴[編集]

中学生にあたる、1~3年生を「前期生」、高校生にあたる4~6年生を「後期生」と区別する[要出典]

運動会、文化祭など、6学年が合同で行う行事が多数ある[要出典]


完全中高一貫教育行う一体型中高一貫校。長期休暇中には「ステップアップゼミ」という補習が1〜6年全員に行われ、土曜日には「サタデーサポート」という補習が行われている[要出典]

学校行事として、1年生の5月には「集団宿泊研修」と題して集団行動、集団生活について学び、3年生の2学期に研修旅行として京阪神地方に2泊3日、2月ごろに少年式という愛媛県独特の行事を行う[要出典]。3年生になると「アチーブメントテスト」という高校入試を模したテストを行い、7割の成績を取ることが出来ない場合は不合格となり、 不合格となったものの中で下位10パーセントの者は補習を受けることとなる[要出典]

校章[編集]

松山(Matsuyama)「M」と西(West)の「W」に生活モットー「EVER SHINING」の「☆」をあわせたもの[要出典]

制服[編集]

黒色のブレザーを主としている[要出典]

40周年記念行事[編集]

展示された巨大モザイクアート。 マスコットキャラクター「ウェッピー」を中心に、学校行事でのグループである「暁雲」「青穹」「銀嶺」「蒼龍」のイメージカラー4色がそれぞれのグループの紹介文のイメージに合わせた形でデザインされている。 モザイクの一つ一つは学校行事や修学旅行中の生徒や教員、風景の写真計64800枚で作られている。

2013年度は、松山西中等教育学校の前身となった松山西高等学校の創立40周年であったため、40周年記念行事として様々な学校行事が例年よりも拡大して行われた[要出典]。 記念運動会では全校生徒による、画用紙を用いた人文字が行われた[要出典]。 また記念文化祭では、記念企画として、中等7期生の有志を中心として企画され、全校生徒により制作された9×13メートルの巨大モザイクアートが本館西側の壁面に展示された[要出典]

交通[編集]

関連項目[編集]