愛媛県道334号松山川内線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
愛媛県道334号標識

愛媛県道334号松山川内線(えひめけんどう334ごう まつやまかわうちせん)は、愛媛県松山市御宝町(国道317号交点)から東温市則之内(国道11号、愛媛県道210号美川川内線交点)へ至る、延長約15キロメートル県道である。

国道11号である。一部伊予鉄道横河原線と併走している。 1982年の指定では、松山市御宝町から東温市志津川で愛媛県道334号松山重信線として指定されていた[要出典]。当時、東温市志津川以東は国道11号だった。 1992年には、国道11号の重信道路開通に伴い、東温市志津川から東温市斉院の木が新たに編入し、愛媛県道334号松山川内線となり、現在の県道名となる[要出典]。 1995年には、国道11号の川内インター付近が開通に伴い、東温市斉院の木から東温市則之内が愛媛県道334号松山川内線に編入され[要出典]、松山市御宝町から東温市則之内で、現在に至る。


主な接続道路[編集]

重複区間[編集]

通過する自治体[編集]

おもな周辺施設[編集]

松山市[編集]

東温市[編集]

関連項目[編集]