愛媛県高等学校一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
愛媛県高等学校概要(平成31年度)
総数 63校・5分校
国立 1校
公立 46校・7分校
私立 14校・2分校
教育委員会所在地 790-8570
愛媛県松山市一番町四丁目4番地2
公式サイト 愛媛県教育委員会

愛媛県高等学校一覧(えひめけんこうとうがっこういちらん)は、愛媛県高等学校一覧。

全日制課程の存在しない高等学校については、定時制は「○○高等学校{定時制}」通信制は「○○高等学校{通信制}」定時制・通信制共に存在する場合は、定時制表記で記載する。

国立高等学校[編集]

公立高等学校・公立中等教育学校[編集]

県立学校[編集]

通学区域(全日制普通科、中等教育学校)

全日制普通科の高等学校と中等教育学校は基本的に高等学校の所在地と生徒の保護者の住所によって以下に示す3つの通学区域(学区)に分かれている。[1][2]

通学区域の例外適用
  • 全日制普通科以外の高等学校における通学区域は愛媛県全域。
  • 募集定員の 120 (5%)を超えない範囲内では、通学区域によらない[1]。なお定員の充足や高等学校の所在地の特性などの事情を考慮して特に必要があると愛媛県教育委員会教育長教育長が判断する場合については 310(30%)に拡大される 。
  • 募集定員数から通学区域によらないことが可能とされた数を引いた数(通学区域からの受入数)が通学区域の志願者数より多いときは、通学区域からの受入数の未達の数を限度に通学区域によらないで合格させることが可能である[1]
県外からの志願
  • 校長が愛媛県教育委員会教育長の承認を得ることで定員の5 % 以内で愛媛県外からの入学を許可することが可能[1]
  • 下記の高等学校においては2019年度から通学区域外からの入学者枠(愛媛県外を含む)が通常より拡大される[3]
  • 川之江高校(普通科) - 10 % 以内
  • 今治西高校伯方分校(普通科) - 15 % 以内
  • 今治北高校大三島分校(普通科) - 15 % 以内
  • 弓削高校(普通科) - 15 % 以内
  • 松山北高校中島分校(普通科) - 15 % 以内
  • 上浮穴高校(森林環境科) - 30 % 以内
  • 長浜高校(普通科) - 30 % 以内
  • 内子高校小田分校(普通科) - 15 % 以内
  • 三崎高校(普通科) - 30 % 以内
  • 宇和高校三瓶分校(普通科) - 30 % 以内
  • 野村高校(普通科・畜産科) - 10 % 以内・20 % 以内
  • 三間高校(農業機械科) - 30 % 以内
  • 津島高校(普通科) - 30 % 以内
  • 北宇和高校(普通科・生産食品科)- 各科15% 以内

全日制普通科高等学校・中等教育学校[編集]

東予地区[編集]
中予地区[編集]
南予地区[編集]

全日制普通科以外の高等学校[編集]

全日制[編集]

全日制普通科を設置している高等学校については、それ以外の全日制学科を付している。

定時制[編集]
  • 愛媛県立川之江高等学校
  • 愛媛県立新居浜西高等学校
  • 愛媛県立西条高等学校
  • 愛媛県立今治西高等学校
  • 愛媛県立松山南高等学校
  • 愛媛県立松山工業高等学校
  • 愛媛県立松山商業高等学校
  • 愛媛県立大洲高等学校肱川分校
  • 愛媛県立八幡浜高等学校
  • 愛媛県立宇和島東高等学校
通信制[編集]
  • 愛媛県立松山東高等学校
専攻科[編集]
  • 愛媛県立宇和島水産高等学校

私立高等学校・私立中等教育学校[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 愛媛県法規集 ○愛媛県県立高等学校の通学区域に関する規則”. 愛媛県. 2019年4月16日閲覧。
  2. ^ 愛媛県法規集 ○愛媛県県立中等教育学校の通学区域に関する規則”. 愛媛県. 2019年4月16日閲覧。
  3. ^ 愛媛県立高等学校 全国募集のお知らせ (PDF)”. 愛媛県教育委員会事務局 指導部 高校教育課 教育指導グループ. 2019年11月15日閲覧。

関連項目[編集]