愛宕グリーンヒルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
愛宕グリーンヒルズ
ATAGO GREEN HILLS
Atago Green Hills from Tokyo tower cropped-2.jpg
:フォレストタワー(住宅棟) :MORIタワー(オフィス棟)
施設情報
所在地 105-6214
東京都港区愛宕2-5-1
座標 北緯35度39分44秒 東経139度44分55秒 / 北緯35.66222度 東経139.74861度 / 35.66222; 139.74861座標: 北緯35度39分44秒 東経139度44分55秒 / 北緯35.66222度 東経139.74861度 / 35.66222; 139.74861
状態 完成
竣工 2001年10月
用途 事務所店舗共同住宅
各種諸元
敷地面積 38,453
建築面積 10,763
延床面積 167,685
関連企業
デベロッパー 森ビル、青松寺、伝叟院、清岸院、日本放送協会ほか[1]
管理運営 森ビル
テンプレートを表示
愛宕グリーンヒルズMORIタワー
ATAGO GREEN HILLS MORI TOWER
Atago Green Hills from Tokyo tower cropped2.jpg
森タワー
施設情報
所在地 105-6214
東京都港区愛宕2-5-1
座標 北緯35度39分44秒 東経139度44分56秒 / 北緯35.66222度 東経139.74889度 / 35.66222; 139.74889 (愛宕グリーンヒルズ MORIタワー)
状態 完成
着工 1999年5月[1]
竣工 2001年7月[1]
用途 事務所店舗[1]
地上高
高さ 186.76m[1]
各種諸元
階数 地上42階、地下2階[1]
敷地面積 5,491 [1]
建築面積 2,426 [1]
延床面積 86,570 [1]
構造形式 鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造[1]
エレベーター数 24基(フジテック製・三菱製5基、東芝製7基、日立製6基、オーチス製1基)
駐車台数 217台[1]
関連企業
設計 森ビル・建築設備設計研究所・シーザー・ペリアンドアソシエイツ・入江三宅設計事務所
構造エンジニア 構造計画研究所[1]
施工 竹中工務店熊谷組JV[1]
デベロッパー 森ビル
管理運営 森ビル
テンプレートを表示
愛宕グリーンヒルズフォレストタワー
ATAGO GREEN HILLS FOREST TOWER
Atago Green Hills.jpg
:フォレストタワー(住宅棟) :MORIタワー(オフィス棟)
施設情報
所在地 105-6214
東京都港区愛宕2-3-1
座標 北緯35度39分48.5秒 東経139度44分56.2秒 / 北緯35.663472度 東経139.748944度 / 35.663472; 139.748944 (愛宕グリーンヒルズ フォレストタワー)
状態 完成
着工 1999年6月[1]
竣工 2001年10月[1]
用途 共同住宅、店舗[1]
地上高
高さ 157.26m[1]
各種諸元
階数 地上42階、地下4階[1]
敷地面積 4,685 [1]
建築面積 1,381 [1]
延床面積 62,475 [1]
構造形式 鉄骨鉄筋コンクリート造[1]
戸数 382戸[2]
駐車台数 277台[1]
関連企業
設計 森ビル・建築設備設計研究所・シーザー・ペリアンドアソシエイツ・入江三宅設計事務所
構造エンジニア 構造計画研究所[1]
施工 戸田建設
管理運営 森ビル
テンプレートを表示

愛宕グリーンヒルズ(あたごグリーンヒルズ)は、東京都港区愛宕二丁目にあるオフィスと住宅を備えた再開発地区である。通称愛宕ヒルズ2001年平成13年)竣工。所在地は東京都港区愛宕二丁目3番1号(フォレストタワー)、愛宕二丁目5番1号(MORIタワー)である。森ビルが管理する。

概要[編集]

1984年敷地の約6割を占める地権者曹洞宗青松寺から、「このまま道路沿いで建物の建て替えが個別に進むと、ペンシルビルが建ち並び、お寺の門前や、その奥の愛宕山が隠れてしまう。いい解決方法はないだろうか……」との相談が森ビルに持ちかけられたこと機に[3]、愛宕地区における再開発事業の検討が始められる。

この事業は「愛宕山の緑と歴史的·文化的環境を保全しつつ、一体的な公園機能を整備し都市の再生をはかる」との目標の下、それに沿って事業者が70軒以上建っていた住宅やビルの敷地を時間をかけて取りまとめ、そこに2棟の超高層棟を建てて、足元にオープンスペースを確保するという方法で整備を進め[4]2002年7月末に外構が完成し、すべての工事が完了している[5]

約3.8ヘクタールの敷地にMORIタワー(オフィス棟)とフォレストタワー(住居棟)、グリーンヒルズプラザ(店舗棟)のほか、3つの寺院(青松寺、伝叟院、清岸院)とNHK放送博物館などが同居する[3]

青松寺を挟み、MORIタワーとフォレストタワーを北と南に離して配置した。これによって、道路から山門は隠れずにすみ、奥にある愛宕山の緑の気配もうかがうことができるようにした[4]。低層のグリーンヒルズプラザでは、愛宕山の緑がそのまま連続するように屋上を緑化。市民が愛宕山を散策できるように、エレベーター棟も設置し、木道を設け、公園を整備した[5]

青松寺と隣接していることにちなみ、仏教極楽浄土を象徴するハスの花を模した外観や事務所棟ロビーのデザインは、世界的な建築家シーザー・ペリ率いるシーザー・ペリ・アンド・アソシエーツ(Cesar Pelli & Associates、現 Pelli Clarke Pelli Architects)が監修した[4]

森ビルの持ち分の一部は森ヒルズリート投資法人に組み入れられている。

MORIタワー[編集]

MORIタワーは、オフィス(5~41階)と店舗(1階~4階、42階)で構成される。いわゆるスケルトン賃貸仕様と標準賃貸仕様の中間のクォータースケルトン仕様を採用。間仕切り位置が自由に設定できる天井システムも採用した[6]

2002年にNHK放送博物館内に所在したNHK放送文化研究所が16階に移転している。

フォレストタワー[編集]

フォレストタワーは、地上42階・地下4階で総戸数382戸の賃貸住宅。一般賃貸住宅のほか家具付き賃貸住宅(サービスアパートメント)も併設した。最上階にはジムやプールなどを備えたグリーンヒルズスパ(GREEN HILLS SPA)、41階には近接する東京慈恵会医科大学と提携した居住者のための24時間体勢の健康相談室などを備えたほか[7]、各種サービスの提供や取次を行うフロントサービスも充実させた[2]

映画『g@me.』(2003年公開)で、主人公(藤木直人)の自宅としてロケ使用された。

特徴[編集]

愛宕グリーンヒルズが立地する地区の特徴は、愛宕山の地形と臨海部の緑が醸し出す景観にある。それを基盤として活かし、事務所·住宅からなる高層ツインタワを配置し、伝統的な青松寺の伽藍を複合させたサイトプランである。一方、この愛宕地区は都市計画公園区域、風致地区に指定された規制の厳しい地域でもあり、有効空地等の都市計画上定められる施設を、緑の保全や一体性の工夫によって規制をプラスに働かせ、緑と施設とが無理なく融合した風景として納めるよう計画がなされた。

工事着工前の段階で既存樹から採取した実生苗の育成状況で、枯損のリスクと費用のかかる大径木の移植を極力おさえ、その分、若い後継樹を新たな植栽地で健やかに育つよう考えられた。愛宕山の約40度の斜面に築造された公園園路が、緑を保全する必要性から地形を改変しない工法の選択をせまられ、深礎工法による橋梁形式の園路が提案され採用となっている。

この事業は開発によって不動産価値を高めたプロジェクトとして評価され、今日不動産業界において国際的に最も権威があるULI Awards for Excellenceを国内初受賞した。なおULI (Urban Land Institute)は1936年に設立された、不動産関連研究および教育のための非営利団体で現在世界70ヶ国から正規会員、特別会員が所属し、開発業1 行政従事者、学識者、設計者、コンサルタントなど、土地活用と開発に関わるあらゆる分野の専門家により構成されている。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 『日経アーキテクチュア』2001年11月12日号 p.14
  2. ^ a b 「特集 役立つ住宅情報 建設進む 東京港区 愛宕グリーンヒルズ 森ビル」『毎日新聞』2000年11月23日
  3. ^ a b 『日経アーキテクチュア』2001年11月12日号 p.8
  4. ^ a b c 『日経アーキテクチュア』2001年11月12日号 p.10
  5. ^ a b 『日経アーキテクチュア』2001年11月12日号 p.11
  6. ^ 『日経アーキテクチュア』2001年11月12日号 p.9
  7. ^ 『日経アーキテクチュア』2001年11月12日号 p.12

関連項目[編集]