愛宕松男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

愛宕 松男(おたぎ まつお、1912年2月8日 - 2004年6月)は、東洋史学者、東北大学名誉教授。

京都府出身。京都帝国大学卒業。1951年東北大学教授。1959年「キタイ部族制社会の研究」で京大文学博士。1974年定年退官、名誉教授、京都女子大学教授。専攻は元朝史など中国の征服王朝史。また陶磁器を中心とした産業史、戯曲・演劇史研究もある。

マルコ・ポーロの「東方見聞録」の翻訳で知られる。子息愛宕元も東洋史学者(京大名誉教授)。

著書[編集]

  • 『忽必烈汗』支那歴史地理叢書 冨山房 1941
  • 契丹古代史の研究』東洋史研究叢刊 東洋史研究会 1959
  • 『世界の歴史 11 アジアの征服王朝』河出書房新社 1969、新版1978 / 河出文庫 1989
  • 愛宕松男東洋史学論集』全5巻、三一書房 1987-1990
    • 第1巻 中国陶瓷産業史
    • 第2巻 中国社会文化史
    • 第3巻 キタイ・モンゴル史
    • 第4巻 元朝史
    • 第5巻 東西交渉史

共著[編集]

翻訳[編集]

参考文献[編集]

  • 愛宕松男博士追悼論文集 「附録 愛宕松男博士著作目録 東北大学文学部東洋史論集」 、2005.3