愛島村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
めでしまむら
愛島村
廃止日 1955年4月1日
廃止理由 新設合併
愛島村増田町閖上町下増田村高舘村館腰村名取町
現在の自治体 名取市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 宮城県
名取郡
面積 24.15km2
総人口 4,029
(『名取市史』、1955年3月31日)
隣接自治体 高舘村増田町館腰村千貫村富岡村
愛島村役場
所在地 宮城県名取郡愛島村笠島弁天19の3
 表示 ウィキプロジェクト

愛島村(めでしまむら)は、1889年から1955年まで日本の宮城県名取郡にあったである。仙台平野の南西部にある農村で、周辺町村と合併して現在は名取市の一部である。

概要[編集]

愛島は、1889年の合併に加わった村の名から作った合成地名である。北目村の「め」と塩手村の「で」で「めで」の読みを作り、それに愛の字をあて、笠島村と小豆島村から島の字をとった。

名取郡の西部にあり、地形は北と西が愛島丘陵、東が仙台平野である。西から東に川内沢川が流れ降る。

1955年の合併まで農村で、特産にモウソウチクタケノコがあり、大正時代から仙台方面に出荷された[1]。合併後には仙台市の郊外として住宅地が造成されたが、全体的には竹林が多い農村地帯であり続けている。

行政[編集]

歴代村長[編集]

氏名 就任 退任 備考
1~2 大友貞吉 明治22年(1889年)4月22日 明治29年(1896年)4月19日
3 本郷弥兵衛 明治29年(1896年)5月22日 明治33年(1900年)4月30日
4~5 斉藤太郎 明治34年(1901年)9月23日 明治40年(1907年)10月17日
6 大友周治 明治40年(1907年)10月30日 明治44年(1911年)10月29日
7 本郷源四郎 明治44年(1911年)11月4日 大正4年(1915年)11月3日
8~11 本郷褜次郎 大正4年(1915年)11月5日 昭和4年(1929年)3月4日
12 檀崎源左ェ門 昭和4年(1929年)3月20日 昭和7年(1932年)6月12日
13~14 猪股直蔵 昭和7年(1932年)6月28日 昭和13年(1938年)3月23日
15 大友周太郎 昭和13年(1938年)4月13日 昭和15年(1940年)12月12日
16 猪股直蔵 昭和16年(1946年)1月30日 昭和20年(1945年)1月20日 再任
17 山崎半十郎 昭和20年(1945年)1月31日 昭和22年(1947年)3月31日
18 佐々木善喜 昭和22年(1947年)4月6日 昭和26年(1951年)4月5日
19 田村顕晃 昭和26年(1951年)4月22日 昭和30年(1955年)3月31日

教育[編集]

1873年(明治6年)に笠島村に作られた笠島小学校が、合併後に愛島小学校と改称した。愛島中学校は、1947年(昭和22年)に新設された。名取市になってから、名取市立第一中学校に統合して廃止された。

脚注[編集]

  1. ^ 『名取市史』672頁。

参考文献[編集]

  • 名取市史編纂委員会『名取市史』、宮城県名取市、1977年。