愛川哲也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
愛川 哲也
生誕 1949年11月[1]
日本の旗 日本北海道の旗 北海道岩見沢市[1]
職業 漫画家
活動期間 1980年代ごろ -
ジャンル 少年漫画青年漫画
テンプレートを表示

愛川 哲也(あいかわ てつや、1949年11月[1] - )は、日本漫画家北海道岩見沢市出身[1]

経歴[編集]

1980年代頃からペンネーム愛川てつやとして活動を開始し、主に少年誌で活動する。当時の代表作である『多摩川ギャル日記』は、2年間にわたってプロ野球ファームの取材を行った愛川本人の成果を漫画にした作品である[1]

1980年代中頃からはペンネームを戻し、青年誌で活動するようになる。『漫画サンデー』(実業之日本社)で連載した作品のうち、『部長の愛人』『偏差値 H倶楽部』『令嬢物語』は実写映画化、『MoMoKo』はOVA化された。

作品リスト[編集]

愛川てつや名義[編集]

愛川哲也名義[編集]

  • 危めのヴィーナ(作:梶研吾、コミック劇画村塾、スタジオシップ、全1巻)
  • 青い宇宙の冒険(作:小松左京、講談社、全1巻)
  • メモリーロード(GTコミック、芸文社
  • 部長の愛人(作:本間正夫漫画サンデー実業之日本社、全6巻)
  • ときめいてワンナイト(コミックバンバン、徳間書店
  • 偏差値 H倶楽部(漫画サンデー、実業之日本社、全4巻)
  • 令嬢物語(漫画サンデー、実業之日本社、全2巻)
  • MoMoKo(漫画サンデー、実業之日本社、全3巻)

アシスタント[編集]

  • 福神伶

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 部長の愛人 第1巻 巻頭カバー 実業之日本社