愛川晶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
愛川 晶
(あいかわ あきら)
誕生 (1957-05-30) 1957年5月30日(61歳)
日本の旗 日本福島県福島市
職業 小説家推理作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 筑波大学第二学群比較文化学類卒業
活動期間 1994年 -
ジャンル 推理小説
主な受賞歴 鮎川哲也賞(1994年)
デビュー作 『化身』(1994年)
テンプレートを表示

愛川 晶(あいかわ あきら、1957年5月30日[1] - )は、日本の小説家推理作家福島県福島市生まれ[1]福島県立福島高等学校[2]を経て、筑波大学第二学群比較文化学類卒業[1]

高校の社会科教員を勤めながら、1994年、『化身』で第5回鮎川哲也賞を受賞し小説家デビュー[1]。大掛かりなトリックを用いた本格推理小説を数多く執筆している。

シリーズものとしては女子高生探偵が活躍する根津愛シリーズがある。

ミステリ・ランキング[編集]

週刊文春ミステリーベスト10[編集]

このミステリーがすごい![編集]

本格ミステリ・ベスト10[編集]

  • 2000年 - 『夜宴』14位
  • 2002年 - 『巫女の館の密室』9位
  • 2008年 - 『道具屋殺人事件』14位
  • 2009年 - 『芝浜謎噺』15位
  • 2010年 - 『うまや怪談』19位

作品リスト[編集]

シリーズ作品[編集]

栗村夏樹シリーズ三部作[編集]

  • 黄昏の獲物(トワイライト・ゲーム)(1996年4月 光文社カッパ・ノベルス
  • 光る地獄蝶(1996年10月 光文社カッパ・ノベルス / 2001年3月 光文社文庫)
  • 海の仮面(1999年6月 光文社カッパ・ノベルス / 2002年6月 光文社文庫)

美少女代理探偵・根津愛シリーズ[編集]

  • 夜宴―美少女代理探偵の殺人ファイル(1999年12月 幻冬舎ノベルス)
    • 【改題】夜宴―美少女代理探偵の事件簿(2003年5月 光文社文庫) - 時系列的にはリレー小説『堕天使殺人事件』後
  • 根津愛(代理)探偵事務所(2000年10月 原書房
    • 【増補・改題】カレーライスは知っていた―美少女代理探偵の事件簿(2003年11月 光文社文庫)
      • 収録作品:カレーライスは知っていた / だって、冷え症なんだモン! / スケートおじさん / ネコマンガ / コロッケの密室 / 死への密室 / 納豆殺人事件(文庫版にのみ収録)
  • 巫女の館の密室(2001年8月 原書房 / 2004年8月 光文社文庫)
  • ダイニング・メッセージ(2002年10月 原書房 / 2007年1月 光文社文庫)
    • 収録作品:Kaiseki Lunch / Packed Lunch / French dish Dinner / Celebration Lunch

影の探偵と根津愛シリーズ[編集]

  • 網にかかった悪夢―影の探偵と根津愛(2002年11月 光文社カッパ・ノベルス)
  • ベートスンの鐘楼―影の探偵と根津愛(2004年5月 光文社カッパ・ノベルス)

神田紅梅亭寄席物帳シリーズ[編集]

  • 道具屋殺人事件(2007年9月 原書房 / 2010年7月 創元推理文庫 / 2019年4月 中公文庫)
  • 芝浜謎噺(2008年4月 原書房 / 2011年5月 創元推理文庫)
  • うまや怪談(2009年10月 原書房 / 2012年10月 創元推理文庫)
  • 三題噺 示現流幽霊(2011年5月 原書房 / 2014年5月 創元推理文庫)
  • 「茶の湯」の密室 (2016年11月 原書房)
  • 手がかりは「平林」 (2017年9月 原書房)

ヘルたんシリーズ[編集]

  • ヘルたん(2012年2月 中央公論新社
    • 【改題】ヘルたん―ヘルパー探偵誕生(2014年10月 中公文庫
  • ヘルたん―ヘルパー探偵とマドンナの帰還(2014年10月 中央公論新社)

神楽坂倶楽部シリーズ[編集]

  • 神楽坂謎ばなし(2015年1月 文春文庫
  • 高座の上の密室(2015年6月 文春文庫)
  • はんざい漫才 (2016年4月 文春文庫)

昭和稲荷町らくご探偵シリーズ[編集]

  • 高座のホームズ (2018年4月 中公文庫)
  • 黄金餅殺人事件 (2018年10月 中公文庫)

その他[編集]

  • 化身―アヴァターラ(1994年9月 東京創元社
    • 【改題】化身(1999年6月 幻冬舎文庫 / 2010年9月 創元推理文庫)
  • 七週間の闇(1995年8月 講談社 / 1999年11月 講談社文庫 / 2010年8月 文春文庫
  • 鏡の奥の他人(1997年8月 幻冬舎 / 2000年10月 幻冬舎文庫)
  • 霊名イザヤ(1998年8月 角川書店 / 2001年8月 角川文庫
  • 六月六日生まれの天使(2005年5月 文藝春秋 / 2008年5月 文春文庫)
  • 十一月に死んだ悪魔(2013年9月 文藝春秋 / 2016年11月 文春文庫)

共著[編集]

  • 合わせ鏡の迷宮(1996年7月 東京創元社)- 美唄清斗との共著
  • 白銀荘の殺人鬼(2000年6月 光文社カッパ・ノベルス / 2004年2月 光文社文庫) - 二階堂黎人との共著、ノベルス版は彩胡ジュン名義

アンソロジー・リレー小説[編集]

「」内が愛川晶の作品

  • 新世紀「謎」倶楽部(1998年8月 角川書店 / 2001年8月 角川文庫)「だって、冷え性なんだモン!」
  • 堕天使殺人事件(1999年9月 角川書店 / 2002年5月 角川書店)「第十章 探偵、登場!」- 新世紀「謎」倶楽部によるリレー小説。根津愛が登場。
  • 前夜祭 (2000年6月 角川書店) 「第五章 私が殺しました」- 新世紀「謎」倶楽部によるリレー小説。
  • 密室殺人大百科〈下〉時の結ぶ密室(2000年7月 原書房)「死への密室」
    • 【改題・再編集】密室殺人大百科〈下〉(2003年9月 講談社文庫)
  • 名探偵は、ここにいる(2001年10月 角川文庫)「納豆殺人事件」

映像化作品[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 会員名簿 愛川晶|日本推理作家協会
  2. ^ 福島県立福島高等学校創立百周年記念事業実行委員会『福高百年史「福中・福高の青春群像」』、1999年。