愛情は深い海の如く (1955年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
愛情は深い海の如く
The Deep Blue Sea
監督 アナトール・リトヴァク
脚本 テレンス・ラティガン
原作 テレンス・ラティガン
深く青い海英語版
製作 アレクサンダー・コルダ
出演者 ヴィヴィアン・リー
ケネス・モア
エリック・ポートマン英語版
音楽 マルコム・アーノルド
撮影 ジャック・ヒルドヤード英語版
編集 バート・ベイツ英語版
製作会社 ロンドン・フィルムズ英語版
配給 イギリスの旗 20世紀フォックス
日本の旗 東和
公開 イギリスの旗 1955年8月23日
日本の旗 1955年10月29日
上映時間 96分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

愛情は深い海の如く』(あいじょうはふかいうみのごとく、The Deep Blue Sea)は、1955年イギリスのドラマ映画。監督はアナトール・リトヴァク、出演はヴィヴィアン・リーケネス・モアなど、配給は20世紀フォックステレンス・ラティガンによる1952年の戯曲『深く青い海英語版』を原作とする。熱情のない結婚で不幸せの中、夫を残して若く魅力的な男性と恋に落ちていく女性を描く。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

  • へスター・コリヤー: ヴィヴィアン・リー - 判事夫人。
  • フレディ・ペイジ: ケネス・モア - ヘスターの愛人。戦時中は空軍の英雄だった。
  • ミラー: エリック・ポートマン英語版
  • ウィリアム・コリヤー卿: エムリン・ウィリアムズ英語版 - ヘスターの夫。判事。
  • ドーン・マックスウェル: モイラ・リスター英語版
  • ケン・トンプソン: アレック・マッコーエン
  • エルトン夫人: ダンディ・ニコルズ英語版 - 下宿屋の女主人。
  • ダイサー・ダーストン: ジミー・ハンリー英語版
  • 女性バーテンダー: ミリアム・カーリン英語版
  • レディ・ドーソン: ヘザー・サッチャー英語版
  • ジャッキー・ジャクソン: アーサー・ヒル

製作[編集]

アレクサンダー・コルダは観賞者に認識されやすい有名人を使うことを望んだため、唯一のオリジナルキャストだったケネス・モア(彼は1954年BBCによるテレビ版でも出演している)は本作においてもキーメンバーとなった。しかしモア自身は、キャスティングがペギー・アシュクロフトではなくヴィヴィアン・リーとなったことも含め、常に失敗だと感じていた。モアはさらに、シネマスコープの使用や原作の戯曲に加わった変更がストーリーの馴染み深さを損なっていると感じ、撮影を楽しめなかったと述べており、またリーとの相性も悪かったと語っている[1]

現在DVDは入手不可能だが、2013年にはBFIヴィヴィアン・リー・シーズンの一環として、テレンス・デイヴィス英語版監督の2011年版の映画のプロデューサー、ショーン・オコナー英語版の紹介で上映が行われた[2]

評価[編集]

本作ではアメリカでは興行的に失敗に終わっており、モアは「アメリカの観客には難しい話題だった」と語っている[3]

受賞[編集]

出典[編集]

  1. ^ Kenneth More, More or Less, Hodder & Staughton, 1978 p 163-167
  2. ^ Josephine Botting (2013年11月26日). “Vivien Leigh adrift: The Deep Blue Sea” (英語). BFI. 2019年4月16日閲覧。
  3. ^ Schallert, E. (18 August 1957). English star amazes in chaneylike portrayal. Los Angeles Times (1923-Current File).