愛月ひかる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

愛月 ひかる(あいづき ひかる、8月23日[1] - )は、宝塚歌劇団星組に所属する男役。星組2番手スター[2][3][4][5]

千葉県市川市[1]私立日出学園中学校出身[1]。身長173cm[1]。愛称は「あい」、「ちゃんさん」[1]

来歴[編集]

2005年、宝塚音楽学校入学。

2007年、宝塚歌劇団に93期生として入団[2][6][7][8]。星組公演「さくら/シークレット・ハンター」で初舞台[7][6][9]。その後、宙組に配属[9][10][7]

2010年、「誰がために鐘は鳴る」で新人公演初主演[9][10][7]。その後も4度に渡って新人公演主演を務める[6][9]

2014年、「SANCTUARY」でバウホール公演初主演[6][9][10][7]

2016年の「エリザベート」で、トップへの登竜門といわれる大役ルキーニに抜擢を受ける[10][11][11][6][10]

2018年、「不滅の棘」(ドラマシティ・日本青年館公演)で、東上公演初主演[10][6]

2019年2月26日付で、宙組3番手から専科へ異動となるが[6]、11月1日付で再び星組へ異動となる[12][2][4][8]

2020年、礼真琴舞空瞳トップコンビ大劇場お披露目となる「眩耀の谷/Ray」より、新生星組の2番手に昇格[2]

2021年、「マノン」(バウホール・KAAT神奈川芸術劇場公演)で、3年半ぶり2度目となる東上公演主演[4][5][8]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

宙組時代[編集]

専科時代[編集]

  • 2019年5月、星組アルジェの男』 - ジャック『ESTRELLAS(エストレ―ジャス)〜星たち〜』(全国ツアー)

星組時代[編集]

  • 2020年2 - 3月、『眩耀(げんよう)の谷〜舞い降りた新星〜』 - 管武将軍『Ray-星の光線-』(宝塚大劇場)[2]
  • 2020年7 - 9月、『眩耀(げんよう)の谷〜舞い降りた新星〜』 - 管武将軍『Ray-星の光線-』(東京宝塚劇場)
  • 2020年11月、『エル・アルコン-鷹-』 - ルミナス・レッド・ベネディクト『Ray-星の光線-』(梅田芸術劇場)[3]
  • 2021年2 - 5月、『ロミオとジュリエット』 - ティボルト(瀬央ゆりあと役替わり)/死(天華えまと役替わり)[8]
  • 2021年7月、『マノン』(バウホール・KAAT神奈川芸術劇場) - ロドリゴ 東上主演[4][5][8]
  • 2021年9 - 12月、『柳生忍法帖』 - 芦名銅伯『モアー・ダンディズム!』 予定

出演イベント[編集]

  • 2012年12月、タカラヅカスペシャル2012『ザ・スターズ!〜プレ・プレ・センテニアル〜』
  • 2014年12月、タカラヅカスペシャル2014『Thank you for 100 years』
  • 2015年5月、『王家に捧ぐ歌』前夜祭
  • 2015年9月、第53回『宝塚舞踊会』
  • 2015年12月、タカラヅカスペシャル2015『New Century,Next Dream』
  • 2016年12月、タカラヅカスペシャル2016『Music Succession to Next』
  • 2017年12月、タカラヅカスペシャル2017『ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年』
  • 2018年2月、『宙組誕生20周年記念イベント』
  • 2019年6月、『吉崎憲治&岡田敬二 ロマンチックコンサート』(外部出演)
  • 2019年7月、『宝塚巴里祭2019』 主演
  • 2019年10月、第55回『宝塚舞踊会〜祝舞御代煌(いわいまうみよのきらめき)〜』
  • 2019年12月、タカラヅカスペシャル2019『Beautiful Harmony』

TV出演[編集]

受賞歴[編集]

  • 2013年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2012年度新人賞
  • 2020年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2019年度努力賞

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2021年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2021年、105頁。ISBN 978-4-86649-158-5。
  2. ^ a b c d e 星組新トップコンビ・礼真琴&舞空瞳が本拠地でお披露目!芝居でショーで“ONE TEAM”アピール”. スポーツ報知. 2020年2月7日閲覧。
  3. ^ a b 礼真琴、舞空瞳ら臨む宝塚星組公演5カ月遅れて開幕 日刊スポーツ。
  4. ^ a b c d 愛月ひかる星組異動後初の主演作「マノン」 20年ぶり再演の“王道作” 日刊スポーツ。
  5. ^ a b c d 宝塚歌劇星組・愛月ひかる3年半ぶりの主演作「マノン」開幕 スポーツ報知。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l “宝塚宙組3番手スター・愛月ひかるが来年2月に専科へ異動”. スポーツ報知. (2018年10月18日). https://hochi.news/articles/20181018-OHT1T50118.html 2019年10月10日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n 名取千里 (2014年6月1日). “品格と謙虚さを備えた 伝統的な男役を目標に”. ウィズたからづか. http://with-takarazuka.com/fairy/2014/06/ 2019年10月10日閲覧。 
  8. ^ a b c d e 【公演評】星組『マノン』 論座。
  9. ^ a b c d e f g h 村上久美子 (2014年9月4日). “2歳から貫く宝塚愛/愛月ひかる”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/entertainment/column/takarazuka/news/p-cl-tp0-20140904-1361501.html 2019年10月10日閲覧。 
  10. ^ a b c d e f g h i j k 村上久美子 (2018年1月25日). “348歳キザ男熱演で新生宙組支える/愛月ひかる”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/entertainment/column/takarazuka/news/201801250000389.html 2019年10月10日閲覧。 
  11. ^ a b c 揺るぎない定番の香気 宝塚宙組『エリザベート〜愛と死の輪舞〜』 宝塚ジャーナル。
  12. ^ “宝塚、各組主力の若手スター”大型トレード”組替え”. 日刊スポーツ. (2019年8月2日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201908020001192.html 2019年10月10日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』 阪急コミュニケーションズ、2014年。ISBN 978-4-484-14600-3。