堺女子短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
堺女子短期大学
Sakai Women’s Junior College1.jpg
堺女子短期大学
大学設置/創立 1965年
学校種別 私立
設置者 学校法人愛泉学園
本部所在地 大阪府堺市堺区浅香山町1-2-20
学部 美容生活文化学科
ウェブサイト http://www.sakai.ac.jp/
テンプレートを表示

堺女子短期大学(さかいじょしたんきだいがく、英語: Sakai Women’s Junior College)は、大阪府堺市堺区浅香山町1-2-20に本部を置く日本私立大学である。1965年に設置された。大学の略称は堺女(さかじょ)。

概要[編集]

美容生活文化学科だけの女子短期大学。単一学科だが5コースに分かれており、保育士コースも設置されている。1965年昭和40年)愛泉女子短期大学という名称で開学した時、日本史学系と家政系の2学科を設置していた。

1979年に堺女子短期大学に改称し、2006年平成18年)に日本史学科を廃止した。同科は近畿地方の短期大学では唯一の学科だった。

建学の精神[編集]

「愛と真実の教育、情操豊な女子教育」

沿革[編集]

短大の設置者である「学校法人愛泉学園」の源流は、 1921年大正10年)に大阪府立堺高等女学校(現・大阪府立泉陽高等学校)の同窓会「愛泉会」によって設立された「堺裁縫女学校」。

なお、この女学校が幾度かの改編・廃校・改称を経て太平洋戦争後の学制改革により新制の高等学校となり、現在の香ヶ丘リベルテ高等学校となっている(詳しくは香ヶ丘リベルテ高等学校の項目を参照)。

年表[編集]

  • 1965年昭和40年) - 1月25日、文部省より「愛泉女子短期大学」(あいせんじょしたんきだいがく)の設置認可。2月18日、文部省より教育職員免許状取得課程の認定。国史科に中学校教諭二級普通免許状・社会、家政科に中学校教諭二級普通免許状・家庭。4月19日、開学(国史科・家政科の2学科を設置。国史科:在学者数は9[1]。家政科:在学者数は36[1]
  • 1968年 - 4月1日、文部省より国史科に図書館司書資格取得単位の認定
  • 1974年 - 7月26日、学長の重山重治が、学校法人愛泉学園の理事長に就任
  • 1976年 - 4月1日 - 国史科を日本史学科に、家政科を家政学科に改称。理事長の重山重治が、学園長に就任
  • 1979年 - 4月1日 - 短大の名称を「堺女子短期大学」に変更
  • 1993年平成5年) - 10月7日、関口憲一が理事長・学園長に就任
  • 1996年 - 4月1日、家政学科を生活文化学科に改称
  • 1997年 - 10月12日、重山香苗が理事長・学園長に就任
  • 2000年 - 4月1日、生活文化学科に美容師養成コース(美容師養成課程)を開設
  • 2002年 - 生活文化学科にビューティーメイクコースを開設。5月29日、文部科学省より地域文化学科・美容生活文化学科の設置認可
  • 2003年 - 美容生活文化学科にスタイリストコースを開設。4月1日、美容生活文化学科・地域文化学科を開設
  • 2004年 - bsb(社会人対象ビジネススクール)を開校。1月1日、重山誠央が理事長に就任
  • 2005年 - 美容生活文化学科にメディカルケアコースを開設。スタイリストコースをスタイリングメイクコースに改称。研究生制度を設置。4月1日、日本史学科・生活文化学科を廃止[2]
  • 2006年 - 4月1日、地域文化学科を廃止[3]
  • 2007年 - スタイリングメイクコースを舞台芸術コースに改称
  • 2008年 - 4月1日 - 美容生活文化学科に保育士コースを設置
  • 2012年 - 4月1日 - 重山香苗が学長に就任[4]
  • 2014年 - 別科美容師養成課程(通信)を開設
  • 2015年 - 教養コースを開設

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 美容生活文化学科:「美容文化」・「ビューティーメイク」・「舞台芸術」・「保育士」・「教養」の各コースがある。「美容文化実習」・「メイクアップ」・「ヘアカラーリング」・「サロン実習」・ネイルアート・ブライダル着付けなどを学ぶビューティーメイクコース、アパレルなど多彩な科目がある。ニューヨークでの海外研修も実施されている。また、ファッションショーが催されるのも一つの特徴となっている。美容師試験の合格祈願として2月頃に「おふくろの味Month」と称したイベントが行われている。
過去にあった学科[編集]
  • 地域文化学科:日本史科(国史科)を母体とする。2004年度をもって募集を終了
  • 生活文化学科:「生活デザイン」・「フードスペシャリスト」・「医療・福祉」の各コースからなっていた

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • 美容生活文化学科別科美容師養成施設通信課程がある
取得資格について[編集]
資格
  • 保育士:保育士コースにて取得できる
受験資格

キャンパス[編集]

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

堺女子短期大学の学園祭は「かおり祭」と呼ばれ毎年、概ね11月に行なわれている。模擬店や展示ほか、ファッションショーなどが催される。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

堺女子短期大学同窓会組織がある

大学関係者一覧[編集]

  • 栗本栄一:初代学長(1965年~)
  • 重山重治(1971年1月11日~)
  • 浄謙俊文(1993年10月15日~)
  • 塚口義信(1997年4月1日~)
  • 吉田巌(2009年4月1日~)
  • 塚口義信:現学長

卒業後の進路[編集]

美容生活文化学科:美容業界への就職者が多く、サマンサタバササンエー・インターナショナル資生堂コーセーマックスファクターロレアルなどの一般企業や美容室各種ほか就職先は多岐にわたっている[要出典]

編入学・進学実績[編集]

基礎データ[編集]

費用は年170万円で、他に教材費0円~19万円(コースにより額は異なる)と保険料等が必要(2020年現在[5])。

交通アクセス[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

系列校[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 昭和41年度版『全国学校総覧』35頁「愛泉女子短期大学」の項より。
  2. ^ 地域文化学科の学生募集は2004年度入学生最終。
  3. ^ 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』139頁より。
  4. ^ 学長紹介
  5. ^ 堺女子短期大学/学費・奨学金|大学受験パスナビ:旺文社” (日本語). 旺文社. 2020年10月24日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  1. ^ 堺市立図書館にて所蔵あり。詳細は堺市立図書館より。