愛田真夕美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
愛田真夕美
生誕 1月19日
日本の旗 日本 長崎県佐世保市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1978年 -
ジャンル 少女漫画レディースコミック
代表作
  • 「Oh!われら劣等生徒会」
  • 「ばいばいC-BOY」
  • 「マリオネット」
ほか
公式サイト 公式ウェブサイト
テンプレートを表示

愛田 真夕美(あいだ まゆみ、1月19日 - )は、長崎県佐世保市出身[1]漫画家血液型はA型。

略歴[編集]

高校を卒業した1978年にデビュー[1]。初掲載は同年の「花とゆめ」14号『はっぴい♥えんどストーリー』[2]。その後は同誌に読み切り作品を発表。1979年の21・22号に『Oh!われら劣等生徒会』を連続掲載の後、1980年の2号から5号、11号から16号に同作を初連載した[3]。1980年から1981年にかけて『とっておきのA❤B❤C❤』[4]、1981年後半に『ドラねこ☆フーリング』[5]、1982年には『ばいばいC-BOY』を連載し[6]、明るいコメディタッチの作品を発表していった。そんな中、1981年に花とゆめ増刊号にてダークな作風の『マリオネット』を発表。それまでの明るく元気な作風からダークでミステリアスな『マリオネット』は、花とゆめ読者を驚かせた。第2作目となる『白い闇は聖女』から本誌掲載となり『猫の目』『鳶色の童話』とシリーズの読切を本誌で発表、1983年から1987年にかけての同シリーズのビッグ連載となった。

ちなみにシリーズ第1作となる作品は増刊号に掲載されたため「とっておきのABC 第1巻」の巻末に収録されている。のちに白泉社文庫で1巻の巻頭に収録、花とゆめコミックスには未収録であった同シリーズ最後の短編読み切りも第4巻収録されている。

1990年代以降はレディースコミックやホラー系の漫画誌に活動の場を移し、「Silky」や「ハロウィン」を経て「まんがグリム童話」などでも作品を発表している。

2011年、東日本震災チャリティー合同本として『Love Gothic』のなかでマリオネットのスピンオフ作品を描いている。

主な作品[編集]

  • Oh!われら劣等生徒会(白泉社 花とゆめコミックス、1980 - 1981年)
  • とっておきのA♥B♥C(白泉社 花とゆめコミックス、1981年)
  • ドラねこ★フーリング(白泉社 花とゆめコミックス、1982 - 1983年)
  • マリオネット(白泉社 花とゆめコミックス、1983 - 1987年)
  • ばいばいC-BOY(白泉社 花とゆめコミックス、1983年)
  • 猫夜叉(白泉社レディースコミックス、1990年)
  • コールナンバー“X”(白泉社レディースコミックス、1991 - 1992年)
  • 眠れる魔女(白泉社レディースコミックス、1991年)
  • 闇に消えた子守唄(白泉社レディースコミックス、1992年)
  • 天女伝説(白泉社レディースコミックス、1992年)
  • エクスタシーリップス(白泉社レディースコミックス、1993年)
  • ベイビーウォーズ(秋田レディースコミックスデラックス、1995年)
  • からくりお嬢様(朝日ソノラマ ハロウィン少女コミック館、1995年)
  • 魔夜の赤い靴(朝日ソノラマ ハロウィン少女コミック館、1996年)

脚注[編集]

  1. ^ a b PROFILE”. アイダマニア. 2017年12月17日閲覧。
  2. ^ 雑誌巻号:花とゆめ 1978/07/20 表示号数14”. メディア芸術データベース. 2017年12月17日閲覧。
  3. ^ 雑誌掲載作品:花とゆめ OH!われら劣等生徒会(愛田真夕美)”. メディア芸術データベース. 2017年12月17日閲覧。
  4. ^ 雑誌掲載作品:花とゆめ とっておきのA❤B❤C❤(愛田真夕美)”. メディア芸術データベース. 2017年12月17日閲覧。
  5. ^ 雑誌掲載作品:花とゆめ ドラねこ☆フーリング(愛田真夕美)”. メディア芸術データベース. 2017年12月17日閲覧。
  6. ^ 雑誌掲載作品:花とゆめ ばいばいC-BOY(愛田真夕美)”. メディア芸術データベース. 2017年12月17日閲覧。

 外部リンク[編集]