愛知・名古屋 戦争に関する資料館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 愛知・名古屋 戦争に関する資料館
Aichi Prefectural Office Otsubashi Branch 20150817.JPG
資料館が入居する愛知県庁大津橋分室(2015年8月)
愛知・名古屋 戦争に関する資料館の位置(愛知県内)
愛知・名古屋 戦争に関する資料館
愛知県内における資料館の位置
施設情報
開館 2015年平成27年)7月11日[1]
所在地 460-0002[1]
日本の旗 日本愛知県名古屋市中区丸の内三丁目4番13号[1]
位置 北緯35度10分38.91秒 東経136度54分20.25秒 / 北緯35.1774750度 東経136.9056250度 / 35.1774750; 136.9056250
アクセス

名古屋市営地下鉄名城線市役所駅4番出口より南へ徒歩5分[1]

名古屋市営地下鉄名城線・桜通線久屋大通駅1番出口より北へ徒歩8分[1]
公式サイト 公式ウェブサイト(日本語)
プロジェクト:GLAM

愛知・名古屋 戦争に関する資料館(あいち・なごや せんそうにかんするしりょうかん)は、愛知県名古屋市中区丸の内三丁目に所在する博物館

概要[編集]

愛知県および名古屋市が共同で設立した「戦争に関する資料館運営協議会」により運営される[1]。館内では愛知県民の戦争体験および戦争に関する地域史を主軸とした展示が行われ、戦争による教訓や平和の大切さを伝えることを主な目的としている[1]

  • 開館時間 - 10時から16時[1]
  • 休館日 - 月曜日および火曜日(ただし、祝日であれば開館)・年末年始[1]
  • 入館料 - 無料[1]

収蔵資料[編集]

収蔵資料は、「戦争に関わる地域史」「県民の戦争体験Ⅰ・Ⅱ」「戦後の地域史」と、4つのカテゴリに分類され、その一部は公式サイト上においても公開されている[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 愛知・名古屋 戦争に関する資料館 (PDF)” (日本語). 愛知県. 2015年7月10日閲覧。
  2. ^ 収蔵資料のご案内” (日本語). 愛知県 (2013年3月). 2015年7月10日閲覧。